ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もうけた企業ほど税負担軽く、政府の思惑に疑問

法人税の実効税率引き下げによる代替財源をねん出することが狙い

もうけた企業ほど税負担軽く、政府の思惑に疑問

政府は2015年度の税制改正で、もうけた企業ほど税負担が軽くなる仕組みを導入する方向で検討に入ったそうです。来年度から実施する「法人税の実効税率引き下げ」による代替財源をねん出するため、赤字企業も対象となる「外形標準課税」を強化することで、赤字を放置すると増税となり、利益を増やした企業は減税となる制度の実現を目指すとのことです。

そもそも法人税というのは法人の稼得した「所得」に対して課税されるので、所得がマイナス、つまり赤字の会社には法人税はかかりません。現在、日本にある会社のうち約7割の会社は「赤字法人」といわれていますので、これらの会社は法人税を払っていないこととなります。また、現在は黒字でも、過去に赤字のあった場合にはそれを現在の黒字から差し引くことができる「欠損金の繰越控除」という制度があります。これを考慮すると、実際に法人税を払っている会社の割合はさらに少なくなるものと考えられます。

このような状況で現行の法人税率を下げると、大幅な税収減が予想されており、試算では1%の実効税率の引き下げで約5千億円の税収減となると言われています。外形標準課税は、企業が黒字か赤字かにかかわらず、給料や家賃の金額に応じて税金を払う仕組みなので、これを導入することで税収不足を補おうということです。外形標準課税は、現行では、資本金が1億円超の企業に対してだけ課税されています。もともとは、赤字企業であっても行政サービスを受けているので、その対価を支払うべきだという考え方に基づいています。

代替財源を確保する一方で倒産や失業に伴う社会的コスト増が懸念

さて、政府は外形標準課税の導入により、「黒字企業の税負担が減り、赤字だと負担増しになるため、収益力強化に向けた改革につながる」と発表しているようですが、この理屈には疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。というのも、世の中の多くの企業は、「税金を払いたくないから」という理由で業績が悪いわけではないからです。「赤字でも税金がかかるから黒字化の努力をするだろう」というのは、かなり無理があると思います。

4月の消費増税に続いて来年10月はさらなる消費増税があります。外形標準課税は給与の金額などに基づくので、赤字でも人件費が多い企業は多額の負担増しとなりかねません。資金繰りの悪化要因となることに加え、人件費削減のインセンティブにもなります。「赤字企業であっても行政サービスの対価を支払うべき」という外形標準課税の趣旨は最もなところですが、代替財源を確保する一方で倒産や失業に伴う社会的コスト増が懸念されます。

JIJICOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。