ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妹ヨナの日記は女性社員が書いた! 「グラマーになりたい!」 『ニーア レプリカント・ゲシュタルト』の横尾ディレクターにインタビュー!(後編)

ニーア ゲシュタルト

前回の『ニーア ゲシュタルト・レプリカント(以下、ニーア)』のインタビューは読んで頂けただろうか? 今回も前回に引き続きディレクターである横尾氏のインタビューをお届けしたい。今回はみんなが気になる『ニーア』のパロディの真相について聞いてみたいと思う。本当にあれはパロディだったのか? そしてネットユーザーから挙がっている質問も抜粋してきたのでそれらも含めて横尾氏に聞いてみたぞ。

――フィーアがお気に入り 彼女が話せる理由は…… CEROレートDの理由は?
記者 横尾さん自身が好きなキャラクターっていますか?
横尾 仮面の街に出てくるフィーアが好きですね。彼女は顔にやけどのあとがあり、それが原因で親に捨てられているんです。彼女はすごく苦労しているんですが、仮面の王との出会いが彼女の人生を大きく変える事になります。彼女が言葉を発する瞬間があるのですが、何故あそこで喋れるのかはアスキー・メディアワークスさんから発売される「ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR」を見て頂ければ謎が解けるかと!(宣伝です!)

記者 ゲームの苦手な人にニーアを楽しむコツってありますか? 特に女性に。
横尾 アクションゲームの苦手な方は、まず難易度をイージーにして頂ければ。死ににくくなりますし、リスタート時の体力も満タンで多少は遊びやすくなるかと思います。進行中のセーブデータでもタイトル画面からいつでも変更出来ますし、難易度によるペナルティは無いので気兼ねなく設定して頂ければ。また右アナログスティックによるカメラ操作が苦手な方はオプションの「自動追尾」の値を上げて頂くと多少カメラ操作の量が減るので良いかと。

記者 今回CEROレートが“D”になってるじゃないですか。中身はごく普通のゲームなのに“D”ってことはカイネ関連ですか?
横尾 CERO D なのはカイネの性関連ではなく、残虐描写によるものです。血や貫通表現なんかをやろうとすると国内では“D”になりますね。

流血 貫通表現

記者 ボツになったキャラクターや設定、魔法などはありますか? 「こりゃ無理だ」みたいな。
横尾 海岸の街の砂浜に「人魚姫」と呼ばれるマモノが出てくる予定でした。ただ、あまりにも工数がかかりそうだったので制作を諦めたのですが。このボツエピソードもアスキー・メディアワークスさんから発売さ(以下略)。

記者 クエストもただのお使いじゃなくて最後まで終えると凄い事実が発覚するというギミックがあって驚きました。ああいうのって大変じゃなかったですか?
横尾 クエストはどうしても作業感が出てしまいますが、なんとかプレイヤーさんに喜んで頂ける方法は無いかと思い、ヒネったオチや裏設定を感じさせる台詞を多めに用意しました。そういう細かい部分にも気付いて頂けて本当に嬉しいです。

ニーア

――妹ヨナの日記は社内の女性スタッフが書いた。「グラマーになりたい!」
記者 ヨナの日記ですが、あれって出てくる確率が少ない物ってあるんですか?
横尾 ヨナの日記は完全にランダムですね。多い少ないはありません。ただ、日記がオープンになるタイミングがあって、後半にオープンになる日記は見かける事が少ないと思います。あれは社内の女性スタッフが書きました。グラマーになりたいとか、微妙に願望が入っているような気がします。また、黒い日記が出る場所は決まっています。

記者 ヨナという名前は韓国のフィギュアスケート選手・キムヨナさんが由来?
横尾 いいえ。聖書の「ヨナ書」から来ています。また「ハイブリッド・チャイルド」という小説のヒロインからも。ヨナを英語にすると、Jonah になるのですが英語ネイティブの方から「その表記だとオッサンに見える」という事で「Yonah」となりました。

――ネット上で噂の様々なパロティの真相 たけしの挑戦状まで!
記者 ボス戦を見ていると弾幕シューティングを思い出すのですが。
横尾 仰る通り、弾幕シューティングを意識しています。個人的に、『虫姫さま』などに代表されるケイブ系のゲームにインスパイアされました。ちなみに、全ゲームの中で最も好きなゲームはドリームキャストの『斑鳩(いかるが)』です。

記者 パロディ要素についてお聞かせ下さい。実際にあのパロディは?
横尾 虫姫さ○、ゼル○、バイ○、ディアブ○、モンハ○、どうぶつの○、サウンドノベル、○CO、倉庫○など、古今東西の名作をリスペクト、イメージさせて頂きました。ほかにも細かい部分では沢山ありますが、皆さんで探して頂ければと思います。

記者 ポポルが座っているシーンは『たけしの挑戦状』ですよね?
横尾 それは違います。 でも面白いからそうだと言うことにしましょう(笑)。

記者 パロディってどこまでOKだったんですか?
横尾 元のゲームまんまはダメだと思います。洋館は涙ぐましい努力の結晶です。洋館をモノクロにしたり……。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。