ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「原宿タレントSHOP」紹介ではのりピー直撃インタビューまで! 80‘Sカルチャー本『ファンシーメイト』[オタ女]

『ファンシーメイト』表紙画像

タレントショップ、メルヘンしおり、フルーツの香りのシャンプ……。アラサーから、それ以上のお姉様方なら必ず一つはキュンとする事間違い無し! 80〜90年代初期のファンシーカルチャーが詰まった当時のティーン誌をまるごと再現した書籍『ファンシーメイト』が6月27日に発売されます。

著者は、クリィミーマミなど歴代の魔女っ子を紹介する「魔女っ子デイズ」や、「サンリオデイズ」を手がける竹村真奈さんと、1970~80年代のガーリーカルチャーを懐古&発信する「昭和的ガーリー文化研究所」のゆかしなもん所長。

ファンシーメイト

心から古き良きガーリーアイテムを愛するお2人だからこそ、ここまでレアなアイテムが揃ったのでしょう。「タキシードサム」のゲーム機とか、すっかり忘れていたのですが、あまりにも懐かしくて泣きそうになりました。

定番のメルヘングッズである文房具の他にも、キュートな型のサンオイルや日焼け止めの「資生堂のタコ・イカ・マンボウ」(TVCMはウッチャンナンチャン&山瀬まみ)などが登場する「ファンシーコスメに夢中」、「鈴木くん&佐藤くん」「ハンコください!!!」などのパッケージが懐かしい「愛すべき80′sおやつダイアリー」など見所満載。

そして、何と言っても注目なのは「カムバック!! 80年代原宿タレントSHOP」と題した、タレントショップのページ。VALENTINE’S HOUSE(とんねるず)、MARCY’S(田代まさし)、TOKORO’S FACTORY(所ジョージ)などお馴染みの物から、JEMMY’S(布川敏和)という今となっては、存在意義が若干謎のショップまで幅広く紹介されています。

酒井法子さんの「NORI・P・HOUSE」に至っては、ご本人が当時を振り返る「のりピー直撃インタビュー!!」という、マンモス貴重なコーナーも。昔、原宿の竹下通りにお小遣いをつぎ込んだ方なら「あ〜これ持ってたなー!」というアイテムにきっと出会えるはず。

その他にも『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の名コンビ・兵藤ゆき×高田純次の対談や、「伝説の80′S女子プロレス黄金期よ、永遠に! クラッシュギャルズ VS ダンプ松本」など80〜90年代を振り返る企画が盛りだくさん。女優・有村架純さんと波瑠さんの80年代タイムスリップグラビアも収録されているので、ファンシーに浸りたい方、思い出に酔いしれたい方はぜひチェックしてみては?

『ファンシーメイト』
編著:竹村真奈 ゆかしなもん所長
発売日:2014年6月27日
定価:本体1,400円+税
仕様:B5変形/112ページ
発行・発売:(株)ギャンビット

http://www.gambit-ent.com/publication/book/201405301/

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき