ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幸せな恋愛は「すぐ付き合う→すぐ別れる」から始まる!?

幸せな恋愛は「すぐ付き合う→すぐ別れる」から始まる!?
 すぐに悩みこんでしまったり、常識に捉われてなかなか動けなくなってしまったり…そんな自分に苦しんでいる人は多いはず。
 不安に駆られず、もっと自由に毎日を過ごすにはどうすればいいのでしょうか。

 『悩みを幸せに変える法則』(苫米地英人/著、主婦と生活社/刊)は、認知科学者として活躍する苫米地英人さんが、「悩む」という思考の仕組みについて解説した一冊。 『週刊女性』の連載の中で好評だったエピソードも収録しているため、専門用語は少なく、分かりやすく読むことができます。
 ここでは本書の中から「人はどうして悩んでしまうのか」、そして「常識に捉われない恋愛術」をご紹介します。

■悩むのは「暇だから!」
 なぜ「悩み」が出てくるのでしょうか? それは、現在の自分と、そうであってほしい自分との間に距離があるから。
 幸せが与えられるのを「待っている」と、「自分のほしいものが手に入らない」「期待していた通りに物事が進まない」と悩み始めてしまいます。しかし実際は、クヨクヨ悩むことに何の生産性もありません。お腹がすいた、暖かい場所で眠りたい、交尾対象を探したい、というのは悩みではなく、生物的な欲求であり、「悩む」というのは、衣食住が満たされた現代日本だからこそ出てくる「贅沢」ともいえるものです。
 仕事の悩み、家族関係の悩み、世間から評価の悩み・・・「こうするといい」と周囲に言われるまま仕事をし、「こう生きるべきだ」という家族の意見に従っていい子として育ち、世間の「こうあってほしい」という要望を聞き入れて生きてきた人は、自分で「こうしたい」と考え始めたとき、周囲の願望が自分の足かせであったことに気づきます。周囲からの期待や常識にとらわれていると、「このままじゃだめなんだ・・・」という思いに悩まされることになってしまうのです

■「すぐ付き合う→すぐ別れる」が正解!?
 「常識に捉われるな!」という著者からの恋愛アドバイスを紹介します。
 “モテたい”というのは、多くの人が抱く願望のひとつでしょう。女性は特に「愛されメーク」や「モテ仕草」なんて研究に余念がない方もいるのでは? しかし、言い寄ってくる相手から選んだり、大企業勤務や高身長といったスペックで相手を判断すると、失敗します。それは周りの評価に引っ張られて、自分で選んでいないからです。
 自分の目で見極めて、「いい!」と思うことが大事であり、その相手には積極的にアプローチするべきだと苫米地さんはアドバイスします。
 そしてここからが重要なポイント。相手に声をかけた後には「私が見極めてよくなかったら、すぐ別れます」と宣言します。「えっ、そんな偉そうなこと、私はとても言えない・・・」と思うかもしれませんが、「私と付き合えるんだから、うれしいでしょ? あなたの価値が低かったら私は容赦なく捨てますよ」という気分で、駆け引きなんて考えずにストレートにアタックしてしまうのが一番なのだそう。地球の人口はいま70億人。本当にダメだったら、すぐに次の人を探せばいいのです。

 また、最初から「好き」とは言わず、「気になる」くらいで声をかけることも大事です。「あなたがちょっと気になるので、もう少しあなたについて、私に情報を開示して」ということを自分なりに相手に伝えるのです。それからじっくり相手を吟味しましょう。もし相手に断られても、完全に好きになる前なら「時間を無駄にしなくてよかった。さあ、次にいこう」とすぐに切り替えることができますよね。
 「いい相手が現れるのをとにかく待っているのは、支配されるのを待っているのと同じ」と苫米地さんはいいます。常識に捉われず、自分から主導権を握って恋愛を進めていくことこそが、幸せにつながるのかもしれません。

 「常識を捨てれば幸せになる」というコンセプトで書かれている本書には、読んでいると「ええっ!?そんなこと私にはとても出来ないよ」と言いたくなるようなアドバイスも載っています。けれど、そういった「常識外れ」のアドバイスが、悩む私たちの心を軽くしてくれるはずです。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
「セックス」で満たされない女性のための3つの改善策
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
セックスがうまくいかない人に贈る3つの名言

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy