ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

就職するとつまらない人間になるか(メカAG)

就職するとつまらない人間になるか(メカAG)

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

就職するとつまらない人間になるか(メカAG)

なんか某プロブロガーがまたなんか言っている。賛同する人も少なくないようだ。まあ、サラリーマンに比べてフリーランスは波瀾万丈だから、波瀾万丈な生き方=面白い生き方というなら、それはその通りだとは思う。

波瀾万丈が好きなら、安定して行き詰まりつつある先進国よりも、政情不安な国の方がもっと血沸き肉踊る生き方ができると思うんだけどね。文字通り「明日死ぬかもしれない世界」を体験できる。

いや、そこまで波瀾万丈だとクリエイティブさを発揮できる余裕もなく、日本ぐらいがちょうどいい、と言うなら、それはサラリーマンぐらいがちょうどいいというのと同じ理屈。明日をもしれぬ波瀾万丈のフリーランスの不安定な仕事では、長期に渡るプロジェクトはこなせない。

   *   *   *

そういうもので発揮できるクリエイティブさというのもあると思うんだよね。iPhoneなんか個人では開発できないよね。Appleという巨大企業だからこそ開発できた。

Linuxだって無名の多くのプログラマが開発している。リーナス・トーバルズは有名だけど、実際にコードを書いているのは名も知れぬプログラマたち。しかもほとんど無報酬だ。金ももらえないし(仲間内ではともかく)世間で有名になるわけでもない。でもそういうものに情熱を注いでいる人たちはいるわけだ。

何に面白さを感じるかは人それぞれ。なんつーかむしろ「面白さ]を強調してる人間の方が打算的に見えるのはおれだけ?金を儲けるとか、世間で有名になって、他人から評価してもらえないと満足できないというか…。

   *   *   *

研究者とかも、なにか歴史に残る発見をして有名になりたいとか、大金持ちになりたいとか、そういう動機で研究しているわけではないと思うのだよね。芸術家も創作活動をするのは、目立ちたいだけのエセクリエイターは別として、金や名誉のためではないだろう。

ネットで騒がしいのは、「お金持ちになりたい」「他人から評価されたい」「こうした方が得だ」という俗っぽい人間ばっかだ(苦笑)。

執筆: この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年05月07日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。