ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

できてますか?自分の給料に見合う働き

できてますか?自分の給料に見合う働き
 社会人として、どんな形であれビジネスと関わる以上、会計や数字について勉強することは避けて通れません。
 しかし、何年も働いている人でも「数字は苦手」「会計は難しい」と苦手意識を持っている人は多いもの。そんな人は今さら難しい参考書を買う気にはならないでしょう。
 しかし、物語なら話は別かもしれません。
 『江戸商人・勘助と学ぶ 一番やさしい儲けと会計の基本』(日本実業出版社/刊)は、公認会計士の眞山徳人さんが、数字が苦手な人に向けて、ビジネスに必要な「数字」や「計算」を教えてくれる一冊。江戸の呉服屋「ゑびす」に丁稚奉公に来ている勘助が商売のイロハを身につけていくというストーリーを読みながら、基礎の基礎から学ぶことができます。

■自分の給料に見合った売上はいくら?
 「ゑびす」の主人・高光に外回りの営業を任され、徐々に売り上げを伸ばしていた勘助でしたが、月の売り上げが3両(約96万円)に達した時、高光にこんなことを言われました。
 「3両ではちと足りん。5両(約160万円)ほど稼げるようになってもらわないとな」
 勘助の給料はたったの2朱(約4万円)。安月給の自分にどうしてそんなに大きなノルマが課せられるのかわかりません。
 不思議に思った勘助は、困った時に相談に乗ってくれるミキトさんにこのことを話しました。
 すると、ミキトさんは勘助に「損益計算書」というものを教えてくれ、こんな話をしてくれました。
・「売上高」から「売上原価」を引いたものが「粗利」であること。
・この「粗利」を十分に稼ぎだすことができないと「販売費及び一般管理費」(人件費・家賃・減価償却費)をまかなうことができないこと。

 さっそく勘助は、高光に頼みこんで帳簿を見せてもらい、自分の手で「損益計算書」を作ってみました。
 すると、「ゑびす」の文月(7月)の業績は
・売上…28両1分2朱(908万円)
・売上原価…20両1分1朱(640万円)
 つまり、粗利は8両1朱(268万円)で、これに「販売費及び一般管理費」が6両3分2朱(220万円)かかっているため、最終的な「ゑびす」の営業利益はたった「1両3朱(48万円)」だったのです。売上高に対して、たったの5%。
 これでは、勘助の売り上げが3両である限り、「ゑびす」の経営はカツカツです。
 こうして、商売は思っているよりもずっとたくさんのお金がかかり、それらを回収するためには自分が今まで以上に仕事に精を出さないといけないことを、勘助は知ったのでした。
 
 自分の関わっているビジネスがどのくらいの規模で運営されていて、何にどれくらいのお金がかかっているかを知ることは、ビジネス数字に強くなる第一歩。まずは、勘助のように、自分がもらっている給料に見合うためには、会社にどれくらいの売り上げをもたらせばいいのかを計算してみると、いい練習になるのではないでしょうか。
 本書には、この他にも実際にビジネスで利益を上げるためにポイントとなる数字の見方や使い方が解説されていますので、新社会人の方もそうでない方も「数字」や「会計」の入門編として活用してみてください。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
生命保険業界が表に出さない“数字”とは?
仕事で説得力が増す「数字の使い方」
「生産性」が高い人の共通点

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。