ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手軽にイスが作れる! 無印良品『じぶんでつくる紙管こどもイス』

無印良品『じぶんでつくる紙管こどもイス』

無印良品は、再生紙でできた紙管を使ってかんたんに作れる『じぶんでつくる紙管こどもイス』を4月22日より発売します。発売にさきがけ、4月9日より『無印良品ネットストア』で先行予約をスタートすると同時に限定店舗で『こどもイス展』を、5月上旬には全国の『無印良品』(約70店舗)でワークショップを開催する予定です。

無印良品『じぶんでつくる紙管こどもイス』

『じぶんでつくる紙管こどもイス』は、再生紙を使った“角紙管”を材料にしたこどもイス。安全性に配慮してコーティング加工を一切行っておらず、パッケージを裏返してイスを作成するためゴミもほとんど出ません。組み立て所要時間は、30~40分で、座面カバーの色は白と生成りのいずれかを選べます。

無印良品『じぶんでつくる紙管こどもイス』

親子で力をあわせて組み立てることで、子どもたちは発見、協力、創造、ものを大切にする心、そして思い出などたくさんの経験ができます。完成したイスは、マジックや絵の具で絵を描いたり、色を塗ったりすれば、世界でただひとつのオリジナルイスに。親子で一緒にものづくりをすることで、自分の手で何かを作りだす楽しさを分かち合えます。

子ども用のイスとしてだけでなく、鉢植えの植物を置くなどちょっとしたディスプレイ台に使うなど、インテリアの一部に取り入れて楽しむこともできそう。大人の休日の、ちょっとしたものづくり遊びにもいいかもしれません。完成時のサイズは、『じぶんでつくる紙管こどもイス・大』がW29×H37.5×D28.7cm、『じぶんでつくる紙管こどもイス・小』はW24.3×H30×D24.2cm、販売価格はそれぞれ1900円、1700円(いずれも税込み)です。
 
 

■関連記事
『Twitter』でつぶやくと東急ハンズと無印良品の在庫状況が分かる『コレカモネット』
LEGOと MUJIがコラボレーション!『紙とあそぶレゴ ブロック』発売へ
ジーンズのラベルでできたステーショナリー発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy