ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

読まれたいからブログを書くのか…?

読まれたいからブログを書くのか…?

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

読まれたいからブログを書くのか…?

「ブログを書くということ。読者は神様であるということ。」 2014年01月15日 『私の小規模なブログ』
http://vaginally.hateblo.jp/entry/2014/01/15/175601

まあこの人はそうなんだろうけど、全員がそうということでもないだろう。たとえば研究者が自分の研究が評価されれば嬉しいだろうけど、評価されないなら研究しないというものでもないだろう。

やっぱ自分の思ったこと、考えたことを書き留めておきたい、あるいは書くことで整理したいという動機が根源にあると思うのだよね。紙の「日記」ってそういうものだよね。基本的に人に見せるものじゃない。じゃあなぜ日記を書くのか?といえば、やっぱ上記の理由だろう。

むしろ紙の日記がブログになって、手軽に他人に見せられるという付加価値が後から付いたにすぎない。

   *   *   *

むろん自分の考えを誰かと共有したい、みんなに知ってもらいたいという動機が主の人もいるだろう。以前書いたけれどインターネット以前は深夜のラジオ放送の投稿などがそうだった。自分の考えや悩みを同じ世代の人たちと共有したい、誰かにわかってほしい、そういう投稿が多かったように思う。

「「中島みゆき「ファイト!」誕生秘話(ペンネーム:「私だって高校行きたかった」に捧げる唄)」 2008年10月29日 『メカAG』
http://mechag.asks.jp/213354.html

単純にPVをいかに上げるかというゲームをやっている人もいるだろう。そういう人たちはそういう人たちで別に構わない。

   *   *   *

ただ「PVを伸ばす」「炎上を狙う」を第一にテクニックに走ると、結局誰が書いても同じような内容になりがちだとは思うんだよね。PVが伸びそうなネタを誰よりも早く提供することに生きがいを感じてる人は別にいいけど、俺は俺でないと書けないような内容を書きたいけどね。

でもまあ炎上は持ちつ持たれつで、お互い楽しんでるんだから、そういうことに生きがいを感じるのは別にいいんじゃないでしょうかね。子供の頃くだらないダジャレばかりいう友人がいたけど、それで周りは楽しかったし、本人もみんなを楽しませているという使命感に陶酔してたし。俺はそういうのは性格的に真似できないが。

   *   *   *

引用されている内田樹は、言語を他者とのコミュニケーションの道具と考えているのだろう。もちろんそれは間違いではないが、言語は思考の道具でもある。言語ははるか昔コミュニケーションの道具として登場したかもしれないが、いまや思考のための道具でもある。思考に必ずしも他者は必要ない。

執筆:この記事はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2014年01月21日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。