ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『新ブラックジャックによろしく』謎のスピリッツ掲載延期

sp

医療と人の心情をディープに描く話題作『新ブラックジャックによろしく』はインターネットと漫画雑誌の双方で読むことができる斬新な漫画だ。漫画雑誌で連載が続いている漫画をほとんど時間差なくインターネットで読めるという試みは画期的であり前例がない。

インターネットでは『新ブラックジャックによろしく』の作者・佐藤秀峰先生の公式サイトで読むことができる。漫画雑誌では週刊スピリッツ(小学館)で読むことができる。

しかしここにきて不思議な現象が起きている。

週刊スピリッツに『新ブラックジャックによろしく』が掲載されていないのである。

2月1日発売の週刊スピリッツ9号にも掲載されていなかった。2月8日発売の10号も不掲載。そしてその10号には驚きのコメントが書かれていた。なんと『新ブラックジャックによろしく』が次に掲載されるのは16号からだというのだ

16号ということは3月15日発売の週刊スピリッツまで『新ブラックジャックによろしく』の続きが掲載されてないということになる。

佐藤秀峰先生の漫画はクオリティを保つために無理をして掲載しない方針をとっていると思われる。他の漫画でも休載や隔週連載、取材旅行などで掲載しない号があるのは普通のことだ。

しかしそれでも16号まで掲載しないというのは長すぎる。

あくまでファンとして待ち遠しいという意味での「長すぎる」だが……。週刊連載は無理でも隔週連載になることを願いつつ16号の掲載を待ちたいところである。

■最近の注目記事
『ブラックジャックによろしく』の漫画家が小学館編集者の暴言を暴露
漫画家が出版社の瀕死状態を暴露「今年は100億以上の赤字を出す」
漫画『ブラよろ』作者が『ニコ動』の面白さに「そりゃあ漫画も売れなくなるよなー」
『新ブラックジャックによろしく』作者が一緒にネット配信をする漫画家を大募集!
『新ブラックジャックによろしく』作者に出版社社員「漫画がなくても私は生きていける」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy