ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

パーティーはずっと終わらない! 大友ジュン presents 提供楽曲ワンマンライヴ『大友秋祭 ~今夜はぐだぽょ~』ライヴレポート

ぐだって-ぽよって

『gdgd妖精s』や『直球表題ロボットアニメ』への楽曲提供で知られるアーティスト大友ジュンのワンマンライヴ、大友ジュン presents 提供楽曲ワンマンライヴ『大友秋祭 ~今夜はぐだぽょ~』が10月14日、秋葉原CLUB GOODMANにて開催された。大友ジュンは、井上純一名義で多数のアニメソングを提供しており、今回のライヴでは楽曲提供をした作品にまつわるゲストが多数出演する豪華なイベントであった。

1.『LA・LA・LA・OINARI SONG』(『僕の妹は「大阪おかん」』ED)

『僕の妹は「大阪おかん」』のエンディングテーマ、『LA・LA・LA・OINARI SONG』から始まった『大友秋祭』。まさかの1曲目に、個人的には思わずニヤリとしてしまう一方、観客はどうしていいかわからないという様子であった。だが、そのようなモヤっとした空気も幕が開けた瞬間、一瞬で吹き飛んだ。

2.『悩んで 学んで』(『苦情★真に受けTV』主題歌)
3.『イノセンス』(『サンドウィッチマンライブツアー2012』ED)

悩んで-学んで~イノセンス

恐らく多くの方は度肝を抜かれたに違いない。『gdgd妖精s』や『直球表題ロボットアニメ』で井上純一を知った人が多くを占める中、聴いたことのない楽曲がステージから流れてきたのだ。これが大友ジュン、シンガーソングライターとしての顔である。会場の空気から戸惑いも感じられる中、甘く優しい声と耳に馴染むメロディで熱唱、多数いるゲストを待ちわびていた会場の空気を一瞬で自分のものにした。「ワンマンライヴなのにアウェイ感を感じる(笑)」と言うツカミで観客の緊張も解け、会場全体が「あっ、大友ジュンいいじゃん」となった瞬間である。

Hajime

バックの演奏は大友ジュン楽曲の8割をアレンジしており、『gdgd妖精s』1期で予告を3000円で作っていたという3000円職人こと、LiLiのHajime(キーボード)と、同じくLiLiのリーダーJiro(ギター)が息のあった演奏とトークで最後まで会場を盛り上げてくれた。

Jiro

4.『桃色ピクシー』/ピクピク(『gdgd妖精s』)
5.『Eternal』(『gdgd妖精s』1期ED)

桃色ピクシー

アニメでの『桃色ピクシー』は三森すずこさんが思いっきりかわいく、あざとく歌っている楽曲だ。さすがに桃色とはいかないだろう、という予想を裏切るセクシーさで「滲み出るフェロモン、大人のエロス」といった具合に見事に歌い上げた。続いて『gdgd妖精s』1期エンディング『Eternal』。『ニコニコ動画』や『YouTube』にも“歌っていただいた”動画がアップロードされているので是非、アニメのバージョンと比較して聴いてみてもらいたい。登場キャラクターがバックで踊っているアニメ版のように、まりやん、おきみや。の2人がアニメさながら、かわいさいっぱいのダンスを披露した。

Eternal

6.『藁演歌』/カトウ(『直球表題ロボットアニメ』)

藁演歌

ここで大友ジュンが最も尊敬しているというアーティスト、LiLiのMiyukiが着物姿で登場。目の前に現れた瞬間に客席の心を掴み、開口一番「ウチのこと、もう好きやろ?」の一言。なんでわかったんですか、姐さん!艶やかな着物姿で『直球表題ロボットアニメ』のカトウのキャラクターソング『藁演歌』を披露。こぶしの効いた情緒豊かな歌声で見事に歌い上げた。普段は、前述のLiLiというバンドで活動しているMiyukiだが、そのギャップを是非、観てみたいと思える魅力的な歌声であった。

7.『〇〇モリモリ』/モリ(『直球表題ロボットアニメ』)
8.『キノコの気持ち』/コロコロ(『gdgd妖精s』)

〇〇モリモリ~キノコの気持ち

演歌から一転、今度はテクノ調のキャラクターソング『〇〇モリモリ』へ。『直球表題ロボットアニメ』のキャラクターソングの中では一番作品の世界観に近い未来的な楽曲だが、曲名は決して声に出して読んではいけない。さらにサビでの豹変ぶりが癖になる『gdgd妖精s』の毒舌キノコ・コロコロのキャラクターソング『キノコの気持ち』と畳み掛けるように「よもや自分で歌うとは思ってなかったであろう楽曲」が続く。おそらく聴けるのはこの場限りであろう、貴重なライヴであった。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき