ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イラスト・マンガ制作に!ワコムのタブレット『Bamboo Comic』

bamboocomic

ワコムは、マルチタッチ対応のペンタブレット『Bamboo』シリーズの新製品として、イラストやマンガの制作に向けたパッケージ『Bamboo Comic』を12月2日に発売します。価格は1万1980円。

『Bamboo Comic』は、既存製品『Bamboo Fun small(CTH-461/S0)』と共通のペンとタブレットに、イラストやマンガの制作を簡単に始められるソフト5点をセットにした製品。本体はペン機能とマルチタッチ機能の2通りの入力に対応し、ジェスチャー機能により画面の拡大・縮小やスクロール、回転などの操作が可能。ペンは筆圧機能を持ち、絵筆のように線の太さや濃淡を表現できます。

付属ソフトは『Pixiaフルセット版』『IllustStudioMini』『ComicStudioMini』『Corel Painter Essentials 4』『水彩LITE』の5本。『Pixiaフルセット版』は、さまざまなタッチのペンツールや80種類以上のフィルタ、高度なレイヤー機能を備えたフルカラー画像専用のペイントソフト。『IllustStudioMini』は、ペン、鉛筆、水彩など、手書きのタッチを再現できるイラスト制作ソフトです。『ComicStudioMini』はマンガ制作に特化したソフト。下描き、ペン入れからトーン貼り、セリフ入れまで、マンガ制作のすべてが楽しめます。『Corel Painter Essentials 4』は、アクリルや油彩、クレヨン、エアブラシ、チョーク、鉛筆など画材独自の表現を再現するペイントソフト。『水彩LITE』は、分かりやすいインタフェースで簡単に水彩画が描けるお絵かきソフトです。

ネット上でデジタルのイラストやマンガを発表しているクリエーターが増えている昨今。これからイラストやマンガの制作に挑戦したいと思っている方は、まずこちらを使ってみるのはいかがでしょうか。

・『Bamboo Comic』仕様
本体サイズ:W248.2×D176.1×H8.5mm
重量:約420g(USBケーブルを含む)
読み取り範囲:147.2×92mm
読み取り分解能:0.01mm
読み取り精度:±0.25mm
読み取り速度:最高133ポイント/秒
読み取り可能高さ:7mm
筆圧レベル:1024レベル
タッチ入力範囲:125×85mm
電源電圧/消費電流:5V/65mA以下
ケーブル長さ:約1.5m
対応OS:Windows XP/Vista/7(64ビット版を含む)、USBポート標準装備のDOS/V機/NEC PC-98NX、Mac OS X 10.4以降(付属ソフトでMac対応は『Corel Painter Essentials 4』のみ)
付属品:タブレット、ペン、替え芯×3、芯抜き、ドライバCD-ROM、アプリケーションCD-ROM、クイックスタートガイド、アプリケーションインストールガイド

■関連記事
ワコムの新しいタブレットはマルチタッチが可能!新『Bamboo』シリーズ
ぺんてる、紙に描いたイラストをデジタル化できる『airpenDraw』限定発売へ
細やかな描き心地のグラフィックペンタブレット『Sirius Tablet』発売へ

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき