ぺんてる、紙に描いたイラストをデジタル化できる『airpenDraw』限定発売へ

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT

_prw_img13

ぺんてるは、デジタルペンを使って描画した絵をデジタル保存できるツール『airpenDraw』を11月21日より500セット限定で発売します。『airpenDraw』は紙に書いた筆跡を受信ユニットに保存できるデジタルペンの特徴を生かした描画ツール。オフラインで紙に描いたラフスケッチをデジタル保存してパソコンに取り込み、『Windows』のカーソル操作やペイントドローソフトなどを操作できるタブレットモードでそのままデジタルイラストに仕上げることができます。

『airpenDraw』のデジタルペンを紙の上で走らせると、ペン先から超音波と赤外線を発信し、フラッシュメモリー(2GB)を搭載したメモリーユニットに筆跡情報を記録します。読み取り可能範囲はA4サイズ以下、メモリーユニットにはA5サイズで約60ページ相当のデータを保存することができます。

描画専用のデジタルペンは感圧スイッチを採用しており、筆記時のペン先の沈み込みによる違和感を大幅に低減。他の『airpen』シリーズよりもレスポンスが向上しました。読み取り速度は89ポイント/秒、読み取り精度はペンの傾きなどによって±1.0mm程度のズレがあります。

オフライン状態では、紙に描いたラフスケッチを受信ユニットが記録。オンラインでは、モニタにリアルタイムに筆跡が表示され、ペンのグリップにあるスイッチをクリックすればタブレットモードに切り替え可能です。タブレットモードでは、カーソル操作やペイントドローソフトなどでデジタルイラストを仕上げることもできます。

受信ユニットに記録された描画データの再現、保存や、JPEG、TIFF、BMP、SVGなどラスター/ベクター系のさまざまなフォーマットにワンクリックで出力できる専用ソフトウェアも付属しています。

セット内容は、デジタルペン、メモリーユニット、A5ボード、A4ボード、専用ソフトウェアCD-ROMなど。対応OSは『Windows2000 SP4』『Windows XP』『Windows Vista』『Windows7 x64』です。価格はオープン。
 
 

■関連記事
デジカメ写真の整理・編集に!『Adobe Photoshop Elements 8』製品レビュー
180°回転するタッチパネル液晶モニタ搭載ノートがWindows 7対応で発売へ
ワコムの新しいタブレットはマルチタッチが可能!新『Bamboo』シリーズ

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT

Kyoko Sugimoto

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧