ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マーカーで“手書き”もOK!まったく新しい“QRコード”、どんな表面に描かれていても読み取り可能

Graffiti-Codes

QRコードというと、バーコードのように特殊な機械を使ってデータを読み取るのではなく、携帯電話やスマートフォンという身近なアイテムで2次元コードを読み取るもの。ただ、コンピュータで作成したコードは、パッと見ただけでは模様のように見えるだけで、意味や面白さは感じられない。そんなQRコードの世界に、新風を吹き込みそうなツールが登場した。それが「Graffiti Codes」だ。

「Graffiti Codes」は、QRコードを読み取るアプリを使い、写真を撮影してデータにアクセスするのではなく、コード上をスマートフォンでなぞるという方法で読み取る。「Graffiti Codes」には加速度計が搭載されており、“動き”のパターンを検知し、コード自体に“あるデータ”を含ませ、ユーザーがそのデータにアクセスできるようにすることができる。

この「Graffiti Codes」が特徴的なのは、スマートフォンの“動き”を読み取るという手法であるため、コード自体は、平面に描かれたものであれば、どんな形であってもかまわないという点だ。そのため、マーカーペンのようなもので手書きで描かれたものであってもよいし、紙や壁、プラスチックの表面などに書かれたものであってもよい。たとえば、ユーザーはアート作品を鑑賞しながら、作品名の部分に含まれているQRコードをスマートフォンで読み取り、作品の由来や詳細について紹介しているページにアクセスしたり、ショッピングセンターの入り口で、地図に描かれたQRコードを読み取って、全体のフロアマップのデータにアクセスするといったように、さまざまな用途に活用することができそうだ。

“デジタルと、実物の世界の橋渡しをする”新しいQRコードの世界は、これからどんどん広まっていくかもしれない。

Graffiti Codes

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。