ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

人気ドラマ『JIN ~仁~』で偽造10円硬貨を製造か

10yen

TBSの人気ドラマ『JIN ~仁~』(出演: 大沢たかお、綾瀬はるか、ほか)。現代に生きる脳外科医がタイムスリップをしてしまい、江戸時代に行ってしまうという奇想天外な設定ながら、心に染み入る人間模様が深く描かれている秀逸なドラマとして人気を博している。

そんな人気ドラマで、偽造硬貨の疑惑が浮上している。11月15日に放送された『JIN ~仁~』第六話で、現代の10円硬貨を主人公の大沢たかおが手にするシーンがあったのだが、10円硬貨に書かれていた製造年が「平成二十二年」になっていたというのである

ドラマの展開上、「平成二十二年」にしなくてはならなかったのかもしれないが、現在は平成二十一年。つまり、平成二十二年と刻印された10円硬貨が存在するはずがないのだ。このことは一気にインターネット掲示板『2ちゃんねる』でも話題になり、現在はふたつの説が出ている。

コンピューターグラフィック(CG)説」と「やっぱり偽造して作った説」だ。実際にそのシーンの写真を観てみると、確かに平成二十二年と書かれている。だが、何度見てもCGには見えないのだが……。もしもこれがCGだとすれば、かなりの技術力をこの10円玉に注ぎ込んでCGを作ったに違いない。

マジック(手品)で使うために硬貨に穴をあける加工をしただけで違法行為とみなされるご時勢。平成二十二年の10円硬貨をTBSが作ったのであれば偽造硬貨を作ったことになる。ネットでは「勝手に誰かが画像加工したネタではないか?」という話も出ているが、事実はわからないまま。

ガジェット通信編集部は実際にTBSに取材をし、この10円玉が偽造されたものなのかCGなのか誰かのネタなのか真相を探る予定だ。ちなみに記事に掲載している「平成二十二年」と刻印された10円硬貨の写真は、著作権保護のためモザイク加工処理をしている。ご了承いただきたい。

■最近の注目記事
人気ドラマ『JIN ~仁~』で偽造10円硬貨を製造か
ニートが作ったお米が販売開始! その名も『ニート米』だ!
東京工芸大学で講師がボイコット!「このクラスではもう授業出来ない」
『スーパーマリオブラザーズ』でブロックが浮いてる理由判明!
『ジョジョ』荒木飛呂彦先生の奥さま・荒木麻美さん講演会開催!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき