冬場を迎える今こそ筋トレだ『i-fukkin』

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT
i-fukkinタイトル画面

ナウでヤングな消極的インドアボーイ達が、夏が始まる頃に思い立ち、しかし結局は実現せずに終わるトップ3といえば、『恋をしよう』。そしてもう1つが『体を鍛えよう(ダイエットをしよう)』。残り1つは思いつかないので謎に包んだまま話を進めますが、上記に挙げた2つに関してボンヤリと考えてみると、そもそも『“夏に”体を鍛える』ということは引き締まった体を異性(同性でも可)に見せつけ関心をかう、はたまた、自信をつけることで異性の前でも挙動不審にならずに喋れるようになる、そんな夢への布石な訳です。そうです、僕らはいつだって夢見るアリスちゃん。夢想家でロマンティストで、その癖に恋人をゲットするためのハードルだけは高いんですよ。僕らは。そりゃモテる訳がありません、っていうかキモいですね。

でも待ってください、いったいどこが悪いのでしょう?体を鍛えるのは非常に良いことです。問題なのは、直前になって鍛えようとするその精神。安易でありそこに計画性などはなく、その底の浅ささこそが悪なのです。そもそも鍛えるべきタイミングとは?これはズバリ、「ジャウトナウ!」、寒さの増す今からなのです。冬場と夏場を比較した場合、気温が高く無駄に汗をかく夏場は、運動量を落としトレーニング時間を短くしてしまいます。特にダイエットに最適な有酸素系は非効率ですね。その点、冬場はトレーニングに集中でき、また寒さの為に脂肪を蓄えようとする体のシステムにもブレーキをかけられます。また、冬場のダイエットに成功をすると、比較的長期に渡って体重を維持し易いメリットも。繰り返しになりますが、つまり今からの季節こそが、体を鍛える上では最適な時期なのです!

まぁそれでは、とっとと体を鍛えましょう。と言っても筋肉トレーニングは地味であり苦痛です。慣れてくれば「今日もやらないと、昨日までの成果が駄目になる」と一種の強迫観念に襲われ、無理やりトレーニングをしたくなる気持ちも湧いてきますが、今日の今日ではそれも難しい話です。そんな筋トレの中で、誰もがトレーニングの一部に取り入れ、しかしあまり成果が出ず大変ストレスが溜まる運動、正に“キングオブ苦行”の名を欲しいままにしている腹筋運動。テレビや雑誌の通信販売でも、様々な腹筋を鍛えるマシーンが現在進行形で紹介され続けていますが、裏を返せばそれだけ多くの人が挫折を繰り返しているとも言えます。

チアガールが応援してくれちゃうぞ!

そこで今回ご紹介するアプリが『i-fukkin』です。これは辛い単純作業になりがちな腹筋運動を、iPhone自慢の加速度センサーを利用することでカウントしてくれる素敵なアプリ。まずは『i-fukkin』を起動し、腹筋を行う適正な体勢を整えてスタート。チアガール姿の女の子が回数をカウントし、時には応援をしてくれ、挫けそうな気持ちを奮い立たせてくれます。また現在はチアガールしか選択できませんが、展開次第では他のキャラクターが登場するかも?

iPhoneを持って腹筋をしよう

更にはミニブログサービス『Twitter』にも対応しており、運動開始時に“腹筋なう(腹筋中)”とでもメッセージを投げておけば、twitter仲間から「ああ、腹筋をしているんですね」と思われること請け合い。 これにより「あの人、腹筋をやり続けているし、お腹もセクシーに割れちゃっているんじゃないからしら?」と気になるあの子も大注目ですし、なにより公開した手前、途中で諦めると駄目人間と思われること必死ですので逃げ場がなくなり大変便利です。

screenshot_jp_5

正直なところ、鍛えられた腹筋は数カ月以上の長い計画性がなければ手に入りません。どんな方法でも良いですが運動そのものを日々の習慣に落としこめずに続くのは難しいでしょう。 このアプリはその一助を担ってくれますし、また何度も繰り返しますが、運動をするならこれからの時期がベスト。 来年の夏に向けてiPhoneと『i-fukkin』を相棒に、腹筋運動をしてみてはいかがでしょうか。

i-fukkin
i-labo. Inc.
http://www.i-fukkin.com/
350円(※1万ダウンロードまでは115円)
iTunes Storeへはコチラ。

(C)i-labo. Inc.

■iPhoneに関するほかのニュース
『アイドルマスター』マニアによる壮観な風景! 美少女がいっぱいだよぅ
二次元な美少女と一緒に写真が撮れる! iPhoneアプリに注目
『PSP go』が目指しているものは第二の『iPhone』

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT

ひげおやじ

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧