ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

1台で完結するDJ機器『nextbeat』製品レビュー

nextbeat_fig1

ワコムが初めてDJ機器に参入し、9月18日に発売した新製品『nextbeat』。ターンテーブル(あるいはCDJ)2台とミキサー、エフェクター、サンプラーの機能が30×30cmの本体1台に収まった、新しいコンセプトのDJ機器として注目を集めています。そのコンセプトを理解するために、早速お借りして触ってみました。

・操作パネルは5ゾーンに分類

nextbeat_fig2

まず、本体の操作パネルを確認してみましょう。大まかに分類して5ヵ所のゾーンに分かれています。ここでは便宜上、各ゾーンに名前をつけておきますので、覚えておいてください。

(1)ボリューム&ディスプレー部
左上は入出力の音量を調節する4コのツマミと、LCD画面、レベルメーターがまとまっています。ツマミは再生する環境に合わせて調整したら固定しておき、後は画面で楽曲の情報や音量レベルを確認するので、あまり触ることはありません。LCD画面の下には4コのファンクションボタンがあり、画面に表示された機能を呼び出すのに利用します。

(2)イコライザー&エフェクト部
右上には計8コのツマミが並んでいます。こちらは音を鳴らすA/Bの2チャンネルそれぞれに、「TRIM」「HIGH」「MID」「LOW」のイコライジングとトリムができるツマミ。ミキサー機能の一部をここから操作します。AチャンネルとBチャンネルのツマミの間には、エフェクター機能のボタンとツマミ、スイッチが配置されています。

(3)タッチセンサ部
右下に配置する円形のゾーンはタッチセンサ。ターンテーブルの代わりとなるセンターパッドと、それを囲んで配置したピッチフェーダー、ボリュームフェーダー(いわゆる縦フェーダー)、クロスフェーダーがここから操作できます。

(4)再生操作部
左下には、ダイヤルを中心に6コのボタンが配置されています。こちらは楽曲の呼び出しとキュー、一時停止、再生に利用します。

(5)サンプラー操作部
左側の中央には、サンプラーやループ再生に利用する5コのボタンと2コのツマミが配置されています。

・楽曲データを読み込む

nextbeat_fig3

『nextbeat』を使う前に、演奏に必要な楽曲を本体に読み込みます。『nextbeat』はコンパクトフラッシュ(CF)カードを外部メモリーとして使用するので、CFカードに楽曲データが収録されている必要があります。楽曲データの移動はカンタン。CFカードを挿入した『nextbeat』本体とパソコン(PC)をUSBケーブルで接続し、PCからCFカードのフォルダに楽曲データをドラッグ&ドロップするだけです。

データ形式はWAV、AIFF、MP3、AAC-LCの各形式に対応するので、たとえば『iTunes』で管理している楽曲データも無変換で『nextbeat』に読み込むことができます。ちなみに、プリセット音源は用意されていません。

コピーが完了したら本体の電源を切り、再度電源を入れると初期化されて演奏が可能になります。

・スピーカーとヘッドホンがあればOK

nextbeat_fig4

楽曲データをCFカードに転送したら、後はスピーカーとヘッドホンさえあれば演奏可能。本格的に大音量で楽しむならアンプにつなぎ、自宅や外出先ならアクティブスピーカーやラジカセにつなぐだけで使えるのは便利です。

本体は30×30cmの12インチレコードサイズなので、レコードバッグに入れて持ち運ぶこともできます。操作パネルを覆うフタも付属。ホームパーティーで出張DJ、キャンプなど屋外でパーティーなど、気軽に企画できそうです(音量には注意しましょう)。

・ダイヤルで選曲

nextbeat_fig5

楽曲をA→B→Aと交互に再生する基本演奏を試してみましょう。まずAチャンネルで再生する楽曲データを呼び出します。“(4)再生操作部”の「A」ボタンを押してAチャンネルを有効にしてから、選曲画面でダイヤルを回して楽曲を選びます。楽曲データは10階層までフォルダに入れて管理できるので、ジャンルやアルバム名などでフォルダを作っておくと便利。フォルダを開いたり、楽曲を選ぶにはダイヤルの中心にあるボタンを押します。

楽曲を選ぶと、数秒のロード時間の後、再生可能になります。再生ボタンを押すと演奏開始です。

・センターパッドで頭出し

nextbeat_fig6

次に「B」ボタンを押してBチャンネルを選び、同様の操作でAの次に再生する楽曲をBチャンネルにロードします。Bチャンネルの楽曲を頭出しする場合は、モニター再生中に“(3)タッチセンサ部”のセンターパッドを2本指で触り、時計回りに滑らせると早送り、時計と反対回りに滑らせると巻き戻しができます。アナログレコードをターンテーブルで操作する感覚と一緒ですね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき