沖縄の夜を締めくくるのにピッタリ!身体が喜ぶ料理と酒の店『fine 47』がオープン

access_time create folder生活・趣味
沖縄の夜を締めくくるのにピッタリ!身体が喜ぶ料理と酒の店『fine 47』がオープン


THE CROSSは、沖縄県那覇市の国際通り沿いの建物の3階に、バー&ダイニング『fine 47(フィーネ 47)』を1月6日(金)にオープン。沖縄の夜を締めくくるのにピッタリの店だ。

テーマは「〆と酒」

『fine 47』は、同社が経営するイタリアンレストラン『CROSS 47(クロス 47)』の入居する建物の3階にある。


コロナ禍で、沖縄の夜を過ごす店が少なくなるのを残念に思い、姉妹店の上階に沖縄の夜を楽しめる場所が新たに設けられた。

カウンター席、テーブル席に加えてスタンディングスペースも用意されている。


バーとして、ビールやカクテル、自家製の滋養酒など多種多様な酒が取り揃えられ、同時にしっかり空腹を満たせる食事メニューも提供している。

同店は夜22時オープン、翌朝5時まで営業しているので、会食後の〆(しめ)のもう1杯や、飲んだ後の〆の一品など、時間を気にせずゆったりと夜を締めくくれそうだ。

シグニチャーディッシュは「琉球バクテー」

同社が属するCROSSグループは、「医食同源」をコンセプトとしてオンラインショップで薬膳ブイヨン鍋「食労寿鍋」などを展開している。


『fine 47』でも、厳選した沖縄県産食材を中心にスパイスやハーブをかけあわせた身体が喜ぶ料理を提供している。名物メニューは、シンガポール伝統のスープ料理「バクテー(肉骨茶)」をCROSS流にアレンジした「琉球バクテー」スタンダード 950円~。

薬膳ブイヨンをベースにしたオリジナルスープで長時間煮込まれた沖縄県産キビまる豚は、ほろほろと柔らか。また、旨味たっぷりのスープは、ウコンを練り込んだ「うっちん麺」+400円や、「ゆし豆腐」+400円などを追加して、最後の一滴まで堪能できる。

オリジナルドリンクなどドリンクも充実


酒類も「身体にやさしいアルコール」がコンセプト。生薬などを泡盛に漬け込んだ「滋養酒」数種類をはじめ、ナチュラルワインも常時20種類以上常備されている。


シンガポール料理「バクテー」に合わせて、シンガポールの「タイガービール」や、シンガポール発祥のカクテルも注文OK。


100年以上前に、ホテルRaffles Singaporeの伝説のバーテンダーが生み出したバラ色のカクテルを、那覇・瑞穂酒造のジンやハブ酒、沖縄のラム酒などでアレンジした「ラッフルズスタイル シンガポールスリング」1,000円、「琉球シンガポールスリング」1,000円も試してみて。

この機会に『fine 47』に足を運んでみては。

■fine 47(フィーネ 47)
住所:沖縄県那覇市安里2-4-7-3F
公式サイト:https://www.fine-47.com/

(鈴木 京)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧