日清の『どん兵衛』の変わった食べ方「かなり美味しい!」

access_time create folderエンタメ ガジェ通 生活・趣味
dongbei

日清の『どん兵衛』はインスタントのカップうどんですが、普通とは違った食べ方をすることで、いつもとは違った美味しさを堪能できることをご存知ですか? 普通であれば『どん兵衛』に熱湯を入れて5分間待ち、完成という流れですよね。ツルツルシコシコな食感の麺はヤミツキになります。

しかし、今回ご紹介する新しい食べ方は、まったくお湯を使いません。明確には、お湯も使いますがお湯を使う前に食べるのです。つまり、二度美味しい? わかりにくいと思うので、率直にご説明しましょう。

フタをあけたら、中に入っているお揚げをそのまま食べるのです。乾燥してカリカリの状態のお揚げには、濃厚なうまみ成分が吸収された状態になっていますので、そのままカリカリッとかじって食べても美味しいのです。イッキにバリバリ食べてしまうのではなく、ちびちびとかじって食べるのがベストです。

でも、本当は数年前まで発売されていた『どん兵衛』のお揚げのほうが、乾燥したまま食べる場合は美味しかったのです。しかし、改良を重ねてふわふわジューシーなお揚げになったことで、いまのお揚げになっています。お湯を入れて食べたときの最高の味を追求するのがメーカーの仕事ですが、乾燥したまま食べるのであれば、以前のお揚げのほうが美味しかったといえます。

お揚げを全部食べきってもいいのですが、お揚げに浸透している味が濃いので半分だけ食べて残りはお湯を入れてうどんと一緒に食べることをオススメします。どうぞご堪能あれ!

■最近の注目記事
『どん兵衛』を作ってくれる渋谷の店で食べてみた!
日清の『どん兵衛』の変わった食べ方「かなり美味しい!」
雑誌をスキャンして売っている『コルシカ』で雑誌を買ってみた
『どん兵衛』を作ってくれる渋谷の店で食べてみた!
『ジョジョの奇妙な冒険』の「悪魔の手のひら」実在していた!

access_time create folderエンタメ ガジェ通 生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧