自動ゴミ収集ステーション付き! Ankerの新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」

access_time create folderデジタル・IT

デジタル関連製品を手がけるアンカー・ジャパン株式会社は、スマートホームブランド「Eufy(ユーフィ)」から新型ロボット掃除機「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」の一般販売を開始しました。

「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」は、同ブランドで初めて自動ゴミ収集ステーションを備えたモデル。家電のレンタルサービス「レンティオ」でも取り扱いを行っています。

約2カ月分のゴミを収納

初めて自動ゴミ収集ステーションを備える本モデル。掃除機本体とドッキングすることで、回収したゴミを自動で収集します。

ダストバックは抗菌・消臭加工が施されており、容量は約3L。およそ2カ月分のゴミを収納することができるので、ゴミ捨ての手間がかかりません。

ダストステーションのサイズは、約39.4×24.5×22.0cm。なお「Eufy RoboVac L35 Hybrid」は、ステーションを省いた本体のみのモデルになっています。

Eufy RoboVac L35 Hybrid(ステーションなし)

Eufy RoboVac L35 Hybrid(ステーションなし)

独自のリアルタイムマッピング技術を搭載

掃除機本体のサイズは約35×35×10cmで、重量は約3.3kg。「iPathレーザーナビゲーションシステム」を搭載し、部屋の間取りをリアルタイムでマッピングします。

吸引力は4段階で、最大3200Pa。3段階の水量を調整できる水拭きにも対応します。本体のダスト容器は約200mLで、最大145分の連続清掃が可能です。

Rentioでのレンタルも

Eufy RoboVac L35 Hybrid+(ステーションあり)

Eufy RoboVac L35 Hybrid+(ステーションあり)

一般発売に合わせて、家電レンタルサービス「Rentio」の「Eufyレンタルプラン」でも取り扱いを開始しました。月額で製品を試せる継続プランに「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」および「Eufy RoboVac L35 Hybrid」が加わっています。

継続プランの月額料金は、「Eufy RoboVac L35 Hybrid+」が2300円、「Eufy RoboVac L35 Hybrid」が1700円。最低レンタル期間は12カ月で、36カ月以上使えば所有権が購入者に移るしくみです。

PR TIMES

(文・九条ハル)

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧