庵野秀明氏の監督・脚本で「シン・仮面ライダー」製作の報に中川翔子さん「楽しみにも程がある シンゴレンジャーもお願いします」

access_time create folderエンタメ

4月3日に行われた「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」にて、現在大ヒット中の「シン・エヴァンゲリオン」で総監督をつとめた庵野秀明氏による「シン・仮面ライダー」の製作が発表された。庵野氏は監督・脚本をつとめ、2023年3月の公開が予定されている。
2016年に公開された「シン・ゴジラ」、2021年に公開が予定されていた「シン・ウルトラマン」(現在は公開日調整中)、そして今回の「シン・仮面ライダー」と、いずれも特撮の名作に携わることとなった庵野氏。SNSではさまざまな意見が見られる中、タレントの中川翔子さんはTwitterにて

楽しみにも程がある
シンゴレンジャーもお願いします
シン・仮面ライダー 23年公開

と、Yahoo!ニュースの記事にリンクを貼りツイートを行った。
反響を呼び、返信欄には
「シン・デビルマン」
「シン・キカイダー」
「シン・宇宙刑事ギャバン」
「シン・ズバット」
などなど、Twitterのユーザーが観たいというタイトルが次々と寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧