メンマの原料は割り箸!?エイプリルフールネタが真実のように広まってしまう理由

access_time create folder動画
メンマの原料は割り箸!?エイプリルフールネタが真実のように広まってしまう理由

インターネットでまことしやかに語られる、「割り箸でメンマが作れる」という話。皆さんも一度は目にしたことがあるんじゃないかなと思いますが、実はこれはエイプリルフールの嘘がもとになった話。

割り箸でメンマが作れるなんてありえない話ですが、じゃあなんでこの話が本当のことのように広まってしまったのでしょうか?

割り箸でメンマを作るって正気ですか!?

ほんとに割り箸でメンマが出来る?

割り箸からメンマが作れる、という話。これはもちろん本当なわけがありません。

メンマの原材料は、皆さんご存知のタケノコ

しかも、中国原産の「麻竹(マチク)」という大型のタケノコです。メンマは生えてから1年ぐらいの、1~2mほどの若くてやわらかい麻竹を使って作られているんですって。

 

 

噂のもとになった割り箸メンマの作り方!

結局デマだった割り箸メンマ。では、噂のきっかけは何だったのでしょう?

割り箸メンマの元ネタは、2007年のデイリーポータルZのエイプリルフールネタ記事。この記事があまりにも本当みたいにクオリティが高かったせいで、割り箸メンマの話が噂として広まってしまったみたいですよ!

なぜネタが事実のように広まった?

ネタ記事が秀逸だった

割り箸メンマの元ネタだったデイリーポータルZの記事は、割り箸を使ったメンマの作り方が画像を使って丁寧に解説されていて、本当っぽさが上手に演出されています。

最後まで読まないと嘘だと気づかないぐらいの内容なので、この記事の内容を本当だと思い込んでしまった人が多かったようです。

中国でも話題に!

そこに加えて、割り箸メンマの記事はなんとメンマの本場・中国でも話題になってしまったのだとか!

中国のネットでは「割り箸を使って作られたメンマが売られている!?」「私たちが今まで食べていたのは割り箸だったのか!」と一時ちょっとしたパニックにもなったそう。

 

 

SNSで拡散

そんな割り箸メンマの記事が、SNSでものすごい勢いで拡散されてしまったのは言うまでもありません。

中には、事実をわかって拡散した人と、記事の内容を本当に信じてしまった人が混在していたようです。

メンマの本当の原料はタケノコ?竹?

メンマの原材料は竹なのか、それともタケノコなのか。よく間違われますが、実際にはタケノコが正解。

麻竹は日本で一般的に食べられているタケノコよりも大型ですが、れっきとしたタケノコです。日本で作られているメンマの中には日本で多く生育している孟宗竹(モウソウチク)などが使用されているものもあります。

本当のメンマの作り方

本物のメンマは、下処理したタケノコを蒸して塩漬けにして作ります。密封状態にした塩漬けのメンマを発酵させ、細かく裂いて天日干ししたものがラーメンなどの上にのっている一般的なメンマです。

そこに唐辛子などで味付けをして、そのままご飯と一緒に食べられるようにしてあるメンマもあります。

 

 

以前に紹介したエイプリルフールネタ記事

エイプリルフールネタは過去にもたくさん紹介していますので、そちらもチェックしてみてください!

▼過去のエイプリルフールネタ記事▼
・「妻のユーモアは大好きです」エイプリルフールになこんな朝食を用意してく れた!
・毎年恒例のエイプリルフール2015年ネタサイトをまとめました
・ウソから出たまこと!エイプリルフールネタの結婚お祝い用接着剤「メデタイン」が本当に商品化して歓喜!

みんなよく考えますよね!毎年笑わせていただいております!!

エイプリルフールネタには気を付けて!

今回はエイプリルフールネタの中でも特に話題を集めた「割り箸メンマ」についてお話しました。ちょっぴり人騒がせですが、これだけリアルな嘘なら騙されても気持ちがいいかも?

巷で話題になっているエイプリルフールの嘘には気をつけたいところですね!

エイプリルフールの起源や歴史をもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事もどうぞ!

▼関連記事▼
エイプリルフールに嘘をつくのはなぜ?その由来や過去話題になった傑作ネタも紹介!


関連記事リンク(外部サイト)

換毛期で毛刈り中の柴犬が話題に!「毛量がすごい」「ずっと舌を出していて可愛い(笑)」
育児で唐突に感極まる瞬間を描いた漫画に「わかる!」「激しく同意」と共感の嵐
エイプリルフールの嘘は午前中だけ?エイプリルフールの由来や起源も紹介!

access_time create folder動画
local_offer
FUNDO

FUNDO

FunDoは、すごい動画をお届けする動画キュレーションメディアです。

ウェブサイト: https://fundo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧