体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

今回は藤山晃太郎さんのブログ『手妻かわら版』からご寄稿頂きました。
※すべての画像が表示されない場合はhttps://getnews.jp/archives/296991をごらんください。

舞台芸能と動画文化の親和

東北大学で行われました、第75回情報処理学会内、ニコニコ学会β*1にて、先日のモノ*2をさらに充実させて講義してきました。

*1:「ニコニコ学会β:研究してみたマッドネス特選集」(2013年03月06日〜8日)『情報処理学会 第75回全国大会 ・ここから始まる情報社会の未来』
http://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/75program/html/event/event_1-2.html
*2:「講義「舞台芸能とネット動画文化の親和」資料」(2013年02月11日)『手妻かわら版』
http://ch.nicovideo.jp/tezumashi/blomaga/ar107607

プレゼンのPDFはコチラ*3です。

*3:「舞台芸能と動画動画文化の親和 手妻師・藤山晃太郎」(2013年03月06日)『情報処理学会 第75回 全国大会 ニコニコ学会β』
http://www.wazuma.jp/file/haishin.pdf

以下、ご紹介します。

寄席では大トリの前の演目をヒザといい、最後の演目の引き立て役として色物が入ります。今日の学会発表でも色物としてヒザを務めさせていただくこと、大変光栄です。(ペコリ)

この研究は再現性のある客観的事実より、経験則に基づく主観が入っており、サイエンスとしての価値は薄いです。ただ、やらなければ分からない面白い発見が多々有りましたので、お楽しみ頂けると存じます。「動画文化と舞台芸能の親和」です。

講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

情報処理学会 第75回 全国大会 ニコニコ学会β
2013年3月6日  舞台芸能と動画文化の親和  
手妻師・藤山晃太郎

さて舞台芸能をライブ配信する、という試みが盛んに行われるようになりました。

講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

舞台のライブ配信が話題に

  • 2011年1月7日〜12日
  • 「ニコニコミュージカル東方見聞録」
  • リアル来場3,500円 約2,600人
  • ネット来場1,000円 約4,400有視聴
  • こちらはニコニコミュージカルとしては第2弾ですが、特にネットチケットの売上について非常に大きい成功を収めた興行です。リアルチケットが約910万円、ネットチケットが約440万円売りあげており、これを見て積極的に舞台を配信していきたいと思うようになりました。

    講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

    舞台の配信が話題に

  • 2011年7月18日
  • 「ニコラファーレこけら落とし」
  • リアル来場 約200名
  • ネット来場 約700,000無料視聴
  • こちらは無料での配信とはいえ、のべ70万の視聴がありました。

    講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

    舞台のライブ配信が話題に

  • 2012年4月28〜29日「ニコニコパーティ」
  • リアル来場 約5,000〜7,000円 約10,000人
  • ネット来場者 500円〜3,000円 約900,000視聴(有料+無料)
  • こちらはネットチケットを売りながら、2回でのべ90万の視聴がありました。

    講義「舞台芸能と動画文化の親和」資料

    興行の参考

  • 今日の会場(M206) 440席
  • (旧)歌舞伎座 1,800席
  • 東京ドームコンサート 50,000人
  • コミケ来場者 550,000人
  • 1回のコミケ3日分の来場!

    1 2 3次のページ
    寄稿の記事一覧をみる

    記者:

    ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

    TwitterID: getnews_kiko

    • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
    • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
    • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。