ワイヤレスイヤホンがNintendo Switchで使える!Bluetoothトランスミッター「FG-NSWITCH-BT1」登場!

access_time create folderゲーム
ワイヤレスイヤホンがNintendo Switchで使える!Bluetoothトランスミッター「FG-NSWITCH-BT1」登場!

 

株式会社FUGU INNOVATIONS JAPANから、Nintendo Switchに接続できるBluetoothトランスミッター「FG-NSWITCH-BT1」(2色展開)が発売されました!
ドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)にて購入可能となっています。

簡単設定でコンパクトな本体

今まではNintendo Switchでイヤホンやヘッドセットを使うには有線タイプのものでないと使えませんでしたが、
このBluetoothトランスミッターを使うことで、無線タイプのイヤホンやヘッドセットを接続してゲームがプレイできるようになります。

邪魔にならないサイズ感
邪魔にならないサイズ感 – PR TIMES

初期設定は簡単で、「FG-NSWITCH-BT1」をNintendo Switch本体のType-Cコネクタに接続し、ボタンを長押ししてペアリングモードにして、Bluetoothイヤホンとペアリングを行えば完了です。
「FG-NSWITCH-BT1」の給電はSwitch本体から行われるため、個別で充電する必要はありません。
カラーは「ネオンレッド」「グレー」の2色展開で、Nintendo Switchの基本ジョイコンカラーと揃えることもできます。


 


「ネオンレッド」(左)、「グレー」(右) – PR TIMES

ゲームプレイに必要な機能を搭載

搭載機能一覧
搭載機能一覧 – FG-NSWITCH-BT1紹介動画

スリムな見た目ながらゲームプレイに必要な機能を一通り搭載しており、自宅で寝そべった体勢でのプレイ時や外出時にも気軽に使用できます。

最大でイヤホン2台同時接続が可能!

2台同時接続対応
2台同時接続対応 – PR TIMES

Nintendo Switchをテーブルモードにして二人で対戦する際は、同時に2つのデバイスと接続が可能です。

ボイスチャット機能対応

マイク機能が付いているイヤホンを使用すれば、ボイスチャット機能も利用可能です。
オンラインゲームをする際に重宝しますね。

遅延対策としてaptX LLに対応

対応コーディック
対応コーディック – FG-NSWITCH-BT1紹介動画

コーディックはaptX LL、aptX、SBCに対応しており、高音質かつ低遅延の再生に対応しています。
 
「FG-NSWITCH-BT1」は全国のドン・キホーテ系列の店舗にて購入可能で、価格はオープン価格となっています。
「FG-NSWITCH-BT1」の製品詳細は「FG-NSWITCH-BT1」メーカー公式ページを、
お近くのドン・キホーテ店舗検索はドン・キホーテ公式ページ内店舗検索ページをご利用ください。

「FG-NSWITCH-BT1」製品仕様
カラー:型番
ネオンレッド:FG-NSWITCH-BT1-NRD
グレー:FG-NSWITCH-BT1-GY
価格‎
(オープン価格)
通信方式
Bluetooth5.0
通信距離
約10m
対応コーデック
aptX、aptX LL、SBC
対応プロファイル
A2DP/AFH/HSP
入力ポート
Type-C
サイズ
約W55×H15×D15㎜
重量
約7.6g
メーカー公式ページ
https://www.fugu-innovation.com/product/2086/

Copyright 株式会社FUGU INNOVATIONS JAPAN ALL RIGHTS RESERVED
© Nintendo


関連記事リンク(外部サイト)

スマホ版LoLこと「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」に新チャンピオン「レオナ」「ダイアナ」「パンテオン」が実装決定!
「モンハンライズ」と「秋葉原電気街まつり」がコラボ!先着でオリジナルモンハングッズがもらえる!
ウェルプレイド・ライゼストとコスプレイヤーの伊織もえ氏がエージェント契約を締結

access_time create folderゲーム
local_offer
funglr Games

funglr Games

eスポーツニュースメディアのファングラーゲームズはeスポーツの最新情報を発信しています。eスポーツの最新ニュースや業界動向、esportsイベントレポート、ゲーミングデバイス紹介、各レビューなど。

ウェブサイト: https://funglr.games/ja/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧