ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察官による『流血ブリザード』ユダさん不法取調べ&暴行事件続報  診断書と警察との会話記録を独占公開

警察官による『流血ブリザード』ユダさん不法取調べ&暴行事件続報  診断書と警察との会話記録を独占公開

以前お伝えしていた『警察官によるいわれなき不法取り調べ? 人気ロックバンド『流血ブリザード』ユダさんが負傷』https://getnews.jp/archives/289118に関してだが、警察からの指示通り、12日昼にユダさんが交通警察立川分駐所に電話で抗議をおこなった。ユダさんは事件の翌日に医師から「右肩関節亜脱臼後関節炎、上腕二頭筋損傷疑い」で全治10日の診断をうけている。電話に応対したのはユダさんに職務質問の際、暴行を行った警察官の上司、△△第四中隊長。△△氏はこの会話の中で「そのような対応をしたことには申し訳なかったです」と謝罪しながらも医療費、休業補償などの賠償については「もしかしたら意に沿えないかもしれない」と釘を刺した。

以下にユダさんから提供された録音テープをもとに両者の会話を書き起こした。脚色を排し、会話を忠実に書き起こしたため、若干読みづらい点や意味の通りづらい点がある。また、ユダさんの希望により、職務質問の際に暴行を加えてきた警察官、抗議に対応した警察官の実名は現時点では伏せている。

マスコミは一切排除の姿勢

ユダ:もしもし、私ユダ(実際は本名を名乗っている)と申します。

担当者:もしもし、△△と申します。

ユダ:武蔵野警察署の方よりご紹介あってこちらのほうにご連絡させていただいたんですけども。2月8日に吉祥寺の駅の……

担当者:あぁ、井の頭線の? それ、聞いております。連絡ありました。それで、なんか新聞記者の方が中に入っているという話を聞きまして。東京産業新聞(ガジェット通信)ってご存知ですね?

ユダ:はい。

担当者:そこの方から武蔵野警察署に電話あって、その時の状況を教えてくれって聞かれたんですが、第三者の方にお話しするわけにはいかないのでお断りさせていただいたんですが。その時の方でよろしいですか?

ユダ:はいそうです。僕はその時の当事者なんですけども。どのような内容か言ったほうがいいですか?

担当者:大体聞いてます。井の頭線のほうでうちの隊員が職務質問したという件ですよね。

ユダ:はいそうです。あの時、声をかけられた方が本当に警察の方かどうかというのもわからないので。

担当者:間違いないです。ユダさんがこの電話を警察だと信じていただけるのであれば。その時の職務質問をしたのは○○という隊員です。間違いありません。手帳は見せませんでしたか?

ユダ:手帳はチラみせくらいだったので名前もわかりませんし、職務質問だったのかなんの捜査かどうかもわからないままでしたので。

“協力”という名のもとの暴力

担当者:捜査じゃないんですよユダさん。結局ですね、駅の中で、カード犯罪とか多いので……みなさんにご協力いただいて持ってる物を見せていただくというか、そういう職務だったもので。ちょっとご迷惑をおかけしたちうことなんですよ

ユダ:そうですね。それをちゃんと説明していただいて、どこの署の誰だということを聞いたんですが。

担当者:名乗らなかったですか?

ユダ:そうなんです。それなんで本当に警察の方なんですかと聞いたわけで。警察になりすまして、検査に見せかけて中からお金とられたりするんじゃないかとかそういうことを感じていて。

担当者:なるほどなるほどユダさん、それはもう一度手帳見せてくれとはっきり申し上げていただければ、これは必ず見せなければいけないものですから。手帳を見せずに職務執行するということは……私服だったんですよね?

ユダ:私服でしたので 本当に警察かどうかもわからなかったので。

担当者:なるほど…これは失礼しました。手帳を見せなかったわけですね?

ユダ:一体どういうものが書かれているのか名前も見えなかったので。

担当者:手帳はね、写真しか貼ってないんですよ。

ユダ:そうなんですか その写真も見えてないので何とも言えないんですけど。3~4人の方に囲まれて……。

担当者:3人ですね?

ユダ:3人ですか? こっちもあまりの恐怖で何人かも、本当に捜査かもわからないし。

電車に乗るときに手を出されたんですよ。その電車に乗らないと僕は仕事に遅れるわけですから。乗りますよね。乗ろうとしている僕の腕をガッと引っ張られてですね、私服だから警察かどうかも分からないし、電車にのせると他の乗客の目があって、僕に危害が加えられないから引っ張っているのかと思ってあせりました。

その後、取り囲まれて(所持品を)見せてくれと言われたんですけども、茫然自失というかこれ以上抵抗したら、腕をつかまれた後だったので何をされるかわからないので、恐怖で仕方なく無抵抗で為すがままにされたんですけども。

その後に免許証の名前を車内で読み上げられたりされたのも何の必要があったのかわからないんですけども……

担当者:それはね……たまに他人名義の免許証を持っている輩がいるんですね。そういう事案があったと武蔵野警察から聞いてユダさんが誰かとわからなかったんですね。そういう事案があって……ユダさんは二十歳代の方ですね?

ユダ:いやごめんなさい、僕はもう30なんですけど。

担当者:いや、うちの隊員が見た目で言ってたんで…お若く見えたんですね。

ユダ:見た目の問題は……

担当者:黒っぽい格好をしてたんですね?

ユダ:黒っぽい格好はしてました。

担当者:間違いないですね。ユダさんですね?

消えない身体と心の傷跡

ユダ:はい。僕が言いたいのはですね、捜査の仕方が度を過ぎているということもなんですけど、何の名乗りもないまま捜査をされて恐怖を感じて……。それに僕、過去に肩を脱臼して持病をかかえてるんですよ。腕を引っ張られたときに力が入って、仕事中にズキズキ痛み始めたんで病院に行って診てもらったんですよ。そしたら腕を引っ張られたことによって右肩関節亜脱臼後関節炎、上腕二頭筋損傷疑いがあるという診断を受けたんですね。今病院でロキソニンと湿布をもらって痛みを止めてるような状態なんです。

担当者:それは……うちの隊員はユダさんに職務質問をしたときに全然止まらなかったと、ということはうちの立場としては逃げていくものをそのままにしとくというわけにはいかないんですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。