「みんなの後光が映像を美しくしている」映画『天外者』森川葵×田中光敏監督インタビュー あり得ない“三浦春馬の泣きの演技”驚嘆エピソードも

access_time create folder映画

三浦春馬さんが全身全霊で挑んだ主演作、映画『天外者』(2020年12月11日より公開中!)の田中光敏監督とメインキャストである森川葵さんのインタビューをお届けします。

本作は、三浦春馬さんが日本の未来を切り拓いた“五代友厚”を演じ、混沌と不安の時代に問う、壮大な歴史青春群像劇です。激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男――五代友厚(ともあつ)。武士の魂と商人の才を持つ五代は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げました。東の渋沢栄一、西の五代友厚とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた人物――近年、多くの人の研究により、その真価が再認識されました。「実もいらぬ、名もいらぬ、ただ未来へ……」とひたすら大いなる目標に向かったその志と熱い思いが、時代を超えて今、解き放たれます――。

脚本・小松江里子×監督・田中光敏の映画界の名コンビが、入り組んだ時代背景と膨大な関連人物の中からオリジナルストーリーで五代友厚の「想い」と「志」を次世代に届けます。

そして、五代友厚の繊細さや優しさを引き出したのは、自由な未来を夢見る 遊女・はる役の森川葵さん。

田中監督と森川さんに、主演の三浦春馬さんを含めた撮影の裏話や印象に残っているシーンなど、お話を伺いました。

「春馬くんは終わると必ず『監督、イイ感じだったでしょ?』と言ってきて(笑)」

――2013年から今回の映画化プロジェクトが動き出したそうですが、田中監督が参加された経緯を教えてください。

田中:僕はこの映画を撮る2年半くらい前に声をかけていただいて、監督の話を受けるか、6か月悩みました。

森川:ええ!そうなんですか!?

1 2次のページ
access_time create folder映画

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧