ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

週刊ポスト連載でも佐野眞一氏の「コピペ」を大量発見~佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第4回)

e4bd90e9878ee79c9ee4b880

【特別取材班より:この連載のすべてのリンクと画像をご覧になりたい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。】

小学館の「週刊ポスト」で佐野眞一「化城の人」がスタート

2011年末、小学館の「週刊ポスト」(2012年1月1・6日合併号/12月22日発売)で佐野眞一氏の大型新連載「化城(けじょう)の人 池田大作と創価学会の80年」がスタートした。佐野氏が抱える、現在進行形の最も大きな連載である。

「化城の人」第1部では、創価学会の牧口常三郎・初代会長や戸田城聖(じょうせい)・第二代会長の歴史について細かく紹介している。この連載の分析を始めるにあたって、比較的最近出版された、内容が易(やさ)しそうな本を予習テキストに選んでみた。最も手軽そうな、月刊「パンプキン」編集部によるフォトエッセイ集『創価教育の源流 牧口常三郎』(潮(うしお)出版社、2001年11月刊行)を取り寄せた。予習のつもりで読み始めた取材班だが、いきなり剽窃箇所を発見してしまった。

このふたつの書籍をつきあわせて検証してみた。まずはご覧いただきたい。

■剽窃箇所その1

荒浜では雪は横から降る海からの強い風が、横なぐりの雪を生むのだ。雪のない季節は、砂が舞い、一夜にして村の地形を変えた。
『創価教育の源流 牧口常三郎』潮出版社、2001年刊行、16ページ)

荒浜では昔から雪は横から降るという。日本海からの強い風が、上から降る雪を横なぐりにさせる雪のない季節は、砂が舞い、一夜にして村の地形を変えた。
(佐野眞一「化城の人」/「週刊ポスト」2012年1月13・20日号、146ページ)

■剽窃箇所その2

牧口は、志賀の恩を生涯忘れなかった。後年、志賀が敗血症で死の床についたとき、実現はしなかったものの当時まだ一般的でなかった輸血を医師に申し込むことまでした。
『創価教育の源流 牧口常三郎』潮出版社、2001年刊行、29〜30ページ)

牧口は志賀の恩義を生涯忘れず、昭和二(一九二七)年、志賀が死の床についたとき、実現はしなかったが、当時まだ一般的でなかった輸血を医師に申し込むことまでした。
(佐野眞一「化城の人」/「週刊ポスト」2012年1月27日号、57ページ)

■剽窃箇所その3

老朽化した校舎の廊下は、歩くとギシギシ鳴った。(略)ノートや鉛筆を満足に持っている子どもは少なく、傘がないため雨がふると学校を休む子どもも多かった。牧口は、学習の環境を整えるために、少なくとも文房具はみんなにいきわたるようにしなければと悩んだ。
そして、文房具の一括購入をすることを考えつく。何軒かの文房具店で値段の交渉をし、子どもたちに安価で文房具をわけた。
牧口は、貧しい子どもたちのために校長としてできることは何かとつねに考え、ときには自分のポケットマネーをさいて子どもたちの教育環境の改善に役立てていったのであった。》
『創価教育の源流 牧口常三郎』潮出版社、2001年刊行、36ページ)

《牧口の赴任当時から校舎が老朽化し、廊下を歩くとギシギシ音がした。ノートや鉛筆を満足に持ってくる子どもは少なく、傘がないため雨が降ると学校を休む子どもも多かった。牧口は時に自分のポケットマネーをはたいて子どもたちに文房具を買い与えた。》
(佐野眞一「化城の人」/「週刊ポスト」2012年1月27日号、57ページ)

■剽窃箇所その4

《ある日、大正小の校長室に地元の有力者が訪ねてきた。自分の子を特別扱いしてほしいという相談だった。牧口は、言下に断わった。それを根にもった有力者は、当時、東京市政を牛耳っていた高橋義信に牧口の転任を依頼した。
そのうわさを聞きつけた教師や父母たちは、牧口の留任運動に立ち上がった。教師は一丸となって辞表を書き、父母たちは子どもを“同盟休校”させた。東京府議会議長が仲介に入り、騒ぎを収めたものの牧口の転任は動かなかった。
こうして、1919(大正8)年12月、牧口は西町尋常小学校の校長へと転任していくことになった。
この西町小の校区は、牧口の転任のために暗躍した高橋義信の地元だった。
歴代の校長は、必ず高橋に就任のあいさつに行くのがならわしになっていた。権威、権力に媚びることをきらう牧口は、それを拒否した。そのことで、牧口は、在任わずか6か月ほどで西町小も追われ、三笠尋常小学校に移ることになる。
『創価教育の源流 牧口常三郎』潮出版社、2001年刊行、38ページ)

《牧口は新設の大正尋常小学校に着任した。ある日、大正小学校の校長室に地元の有力者が訪ねてきた。自分の子を特別扱いしてほしいという相談だった。牧口は言下に断った。
それを根に持った男は、当時、東京市政を牛耳っていた高橋義信という実力者に牧口の転任を依頼した。
この噂を聞きつけた教師や父兄たちは、牧口の留任運動に立ち上がった。教師は一丸となって辞表を書き、父兄は子どもたちを“同盟休校”させた。最後は東京府議会が仲介に入り、騒ぎをおさめようとしたが、牧口の転任はもう動かなかった。
こうして大正八年十二月、牧口は三年間校長を務めた大正尋常小学校を去り、西町尋常小学校に転任する。この西町小の校区は、牧口の転任の裏で暗躍した高橋義信の選挙区だった。
歴代の校長は、必ず高橋に新任の挨拶に行くのがならわしとなっていた。権威に媚びることを嫌う牧口は、これを拒否した。そのことで牧口は着任からわずか六か月で西町小を追われ、細民街の三笠尋常小学校に移るのである。
(佐野眞一「化城の人」/「週刊ポスト」2012年1月27日号、58ページ)

■剽窃箇所その5

《西町小で、牧口の留任運動をしていた戸田のことも心配し、牧口は彼の代用教員の任期が終わると、三笠に移れるようにした。(略)
学校へ弁当をもってこれない子どものために、牧口が身銭を切って、豆もちや握り飯などを用務員室に用意していたのも、この学校でのことだ。
『創価教育の源流 牧口常三郎』潮出版社、2001年刊行、39ページ)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy