体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニートが揺るがす「勤労」の幻想/無職たちは合法的略奪を目指す

ニートが揺るがす「勤労」の幻想/無職たちは合法的略奪を目指す

今回はRootportさんのブログ『デマこいてんじゃねえ!』からご寄稿いただきました。

ニートが揺るがす「勤労」の幻想/無職たちは合法的略奪を目指す

「うちの息子が、いい年こいてまともな仕事についてなくて……」

大人の集まる飲み会では、必ずこういう愚痴を耳にする。

ニートや非正規雇用者の数はうなぎ登りに増えていて、すでに「ニュースの向こう側の世界」の出来事ではない。あなたの家族・親戚にも、一人ぐらいは「まともに働かない大人」がいるはずだ。もしかしたら、あなた自身がそういう立場かも知れない。私たちはすでにこの問題の当事者だ。

このことを考えれば、イギリスの暴動は私たちにとって対岸の火事ではない。ロンドンで暴動を起こしたのは無職の若者たちだった。彼らは「打ちこわし」という違法な手段を使って略奪に走った。「無職」かつ「不良」な人間が一定数を超えると、あのような犯罪が起こる。しかし日本で増えているのは、無職かつ「善良」な人々だ。そういう人たちは違法行為には手を染めない。合法的な略奪を狙う。

そもそも「勤労」という概念は、産業革命によって生まれた。それ以前は生活の一部だった「生産活動」を賃金労働に置き換えて、家族生活から切り離したのが「勤労」だ。せいぜい二百年程度の歴史しかないのに、私たちは「働くこと」がヒトの生得的な行動だと盲信している。

ところが人間の生産活動を「勤労」と「家事」とに分断したことで、「男は男だから偉いんだ」という稚拙な社会を強化する結果になった。勤労という概念は、じつはそんなに優れたものではない。

もちろん「働かざるもの食うべからず」という考え方は大昔からある。なぜなら大昔は「ごくつぶし」を養えるほど社会が豊かではなかったからだ。逆にいえば「働かずに生きている人」の存在は、社会の成熟を意味している。例えばアリの巣では、三割ぐらいの働きアリは仕事をしていない。もしも働かない個体の存在を許さないのならば、私たちの社会はアリ以下だ。

つまり、働きたくないやつは、働かなくてもいいんじゃねーの?

そう気づいたからこそ、ロンドンの若者たちは略奪に走った。彼らには政治信条がないという。それもそのはず、現代の「政治」は貨幣経済や賃金労働を土台としており、彼らはその土台そのものを壊そうとしている。つまり私たちは「幼稚な社会」の終焉を目の当たりにしているのだ。豊かなはずの先進諸国で増え続ける無職の若者たちは、人類を次のステージに推し進め、幼年期の終わり*1をもたらすオーバーロードである。

*1:「幼年期の終り」アーサー・C・クラーク (著) 福島 正実 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150103410/rootport-22/

日本でも同じだ。アリの場合は三割だった。人口の三割といえば、民主主義国家では一大勢力となる。もしも「無職」が団結すれば、世の中は簡単に変わる。働かなくても食っていける制度を作るのもたやすいだろう。それは社会福祉の名を借りた合法的な略奪だ――少なくとも、働いている人からすれば。

でも、やっぱさぁ、働かない人の存在を受け入れるのは社会の成熟の証だし、働けない人を無理やり働かせようとしても年間三万人の自殺者リストに新しい名前が加わるだけだと思うんだよね、俺は。

     ◆ ◆ ◆

昨晩、いきつけのアイリッシュ・パブで「身近な無職」が話題になった。

店主(40代後半・超絶美人)の妹が、いつまでたっても働く気配がない。結婚できる歳でもないし困った……という発言をきっかけに、客たちがそれぞれの身近な「まともに働いていない大人」の話を披露した。

やたらと酸っぱいスタウトをすすりながら私もその話に参加したのだけど、改めて「働かない若者」の多さに驚かされた。幸いにも私の親族にはニート・フリーターと呼ばれる人がおらず(そんなに大きな家系でもない)、唯一ふらふらしているのは60歳近い長距離トラック運転手の叔父だけだ。が、彼の場合は昔ながらのブルーカラーのワーキングクラスであり、ここで話題になった若者たちとは違う。自分の認識の甘さを痛感させられた。

確かに、私の友人にもニートがいる。就職はおろかアルバイトさえしようとしない純度100%のニートだ。彼は明るく朗らかな性格で、友人に声をかけてボードゲーム大会の企画をする等、社交的なニートライフを満喫している。「引きこもりがちで家族とのコミュニケーションすらまともに取れず――」という世間一般のニート像からは、およそかけ離れている。自ら人脈を作り、周囲を動かすことができる。リクルート社の価値観でいえば「優れた人材」だ。

そんな彼が、なぜニートをしているのだろう。

それは「勤労」の欺瞞に気づいているからだ。「仕事を通じて自己実現!」といった価値観とは対極の立場であり、「仕事=腹を膨らます手段」と割り切っているのだ。そして働かなくてもとりあえず飢えることはないので、彼はニートをしている。甘ったれんじゃねえと思ったそこのあなた! お怒りごもっともだ。私も彼と顔を合わせるたびに「仕事しろよー」と絡んでいる。

ただ、彼の言い分にも一理ある。

「自己実現には様々な形があるのに、なぜわざわざ仕事と結びつけるの?」

「“カネ”以外のものを目的に働いたとして、誰がいちばん得をするの?」

「それって、あらゆる産業を“憧れ産業”にしようとしてるだけじゃないの?」

ぐうの音も出ないとは、このことだ。無条件に「勤労」を礼賛していた自分が恥ずかしい。念のため注釈しておくと、彼の実家がうなるほどの金持ちだとかそういうことではない。彼は一円をケチり、私たちとファミレスに行くときもドリンクバーの回し飲みで飢えをしのぐという貧乏っぷりだ。高校生かよ。

それでもなお、「働かずに生きていけるなら働かなくていいじゃん」と彼はいう。とりあえず食うに困らず暑さ寒さに悩まされることもない以上、精神をすり減らしてまで働く理由が彼には見つけられなかったのだ。

参考)
「憧れ(あこがれ)産業で働くな」2009年7月29日『島国大和のド畜生』
http://dochikushow.blog3.fc2.com/blog-entry-1231.html

※マンガ業界やゲーム業界のように、「ここで働くことが自己実現になる!」とみんなが思っている産業では労働力のダンピングが行われる。最たる例はアニメーター。/そういう産業を指して「憧れ産業」という。

       ◆

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。