【衝撃】FF7リメイクのフィーラーの開発中の名称が判明 / その理由をFF7R開発者がコメント解説

access_time create folder生活・趣味
ff7re

ファイナルファンタジー7リメイク(FF7リメイク)には、原作ともいえるプレイステーション1版FF7には当時要しないキャラクターが登場している。それは人間だけでなく、モンスターとしても新たな要素がプラスされており、なかにはストーリーに絡んでくる重要なモンスターもいる。そのひとつがフィーラーだ。

・重要なポイントに至ると出現

フィーラーは幽霊のようなモンスターで、群れで押し寄せ、クラウドたちがストーリー上で重要なポイントに至ると出現し、行く手を阻んだり、ときに助けてくれたりすることがある。

ゲーム中ではフィーラーと戦うことができ、そのときのモンスター名は「未知なる魔物」「虚無なる魔物」。フィーラーの正体には諸説あるが、「原作通りの展開にするための強制力」とも「プレイヤーの願望の可視化」ともいわれている。

ff7r

・フィーラーに勝つと原作と違う世界線発生?

フィーラーの思惑に打ち勝てば、原作とは違う世界線が発生し、パラレルワールドとして新たな物語が生まれるともいわれているが、スクウェア・エニックスや開発者が公式に正体を明かしていないため、その真の正体を知る由はない。

おそらく続編でフィーラーの正体が判明していく可能性は高いと思うので、続編の登場を待ちたいところだが、そんなフィーラーに関して興味深い開発者のコメントがある。

ff7r-image9

・フィーラーは違う名称で呼ばれていた

フィーラーだが、開発中はフィーラーとは違った名称で呼ばれていた事が判明したのだ。これはキングダムハーツ3やドラゴンクエストXIの開発者であり、FF7RのリードVFXアーティストである吉田光陽さんが語って判明した情報で、スタッフたちは開発中にフィーラーの群れのことを「イワシ」と呼んでいたという。

・仮称がイワシなのは理解できる

イワシは群れとなって回遊する魚で、確かに、イワシが群れになって移動しているようにも見えなくもない。そもそも、イワシと動きがそっくりである。イワシの動きをモデルとしてフィーラーを作ったのかは不明だが、仮称がイワシなのは理解できる動きだ。


もっと詳しく読む: FF7リメイクのフィーラーの開発中名称が判明 / その理由をFF7R開発者がコメント解説(バズプラス Buzz Plus) https://buzz-plus.com/article/2020/05/04/finalfantasy7remak-spectre-news/

(C) 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA/ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION: (C) 1997 YOSHITAKA AMANO

access_time create folder生活・趣味

バズプラスニュース Buzz+

知らなかった!がそこにある「速報ニュース バズプラス」。世界の情報を集め、気になるニュースをお届けします。

ウェブサイト: http://buzz-plus.com/

TwitterID: buzzplus_news

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧