「彼女を自分のモノにできたら、一泡吹かせてやれるかも」新たな恋の火種を巡り仕返しを! コミュ障、コミュ強を羨む~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

access_time create folderエンタメ

すべては彼女から…なお悔やまれる恋の痛手

憧れの女一の宮の姿を垣間見てすっかりのぼせてしまい、自分の妻となっている異母妹の女二の宮に彼女のコスプレをさせたり、なんとか直筆の手紙をもらおうと嘘までつく薫。本命は姉だけど手に入ったのは妹、だけどやっぱり満足できない――。

大君と浮舟の時と同じ構図に見事にハマり、虚しい努力に奔走する彼。もうツッコむどころかいたたまれない気もしますが、薫の作戦が功を奏し、ついに女一の宮からお手紙が届けられました。もちろん妹の女二の宮に宛ててです。

たいそう美しい筆跡を見るにつけても(もっと早くこうすればよかった!)。同時に中宮からたくさんの絵巻も送られてきたので、お返しにこちらからも絵巻を差し上げることに。当時、本や絵巻は大変貴重なものだったので、それぞれに持っているのを交換して、お互いに楽しんだんですね。

選んだうちの一つ『芹川の大将』の主人公が、物語の中の女一の宮に想いを寄せる秋のシーンがとても良く描けているのを見ても、薫は(いいなあ。彼の恋は実るのに……)。ちなみにこのお話がどんな内容かは、現在では失われてしまってよくわかりません。

女一の宮のメッセージに「私も物語の主人公のように、秋風の切なさが身にしみます」などと書いて、この片思いをほのめかしたい気もしますが(いやいや、ちょっとでもそんな素振りを見せたら何を言われるかわからない。まったく世間の噂は厄介だから)と自制。でも心の中は悶々です。

(なんやかんやでいろんな物思いを抱えてきたが、それもこれも大君さえいてくれたらしなくてよかったことなのだ。

大君がここにいてくれさえしたら! 僕は皇女さまとの結婚も決してOKしなかっただろうし、浮舟の存在を聞いても気になることはなかったはず。この悩みも苦しみも、みな大君から始まったことだ……)。もはや全ては故人のせい。死人に口なし。

大君の死後は中の君へ横恋慕をし、そのことでも(勝手に)身悶えするほど苦しんだ挙げ句、そこで存在を知った浮舟が非業の最期を遂げたことも、何というカルマなのか。

浮舟は宮の誘いに容易になびく軽率な女だったが、僕への申し訳無さから自分を責めて死んでいった……。しっかりした妻というよりは可愛い愛人としていつまでも愛したいと思っていたのに。

今はもう匂宮のことも、浮舟のことも恨むまい。ただ僕が、世間知らずなあまりに引き起こした過ちなのだ……)。

冷静沈着で自制心のある薫でさえもまだまだ傷は生々しいまま。まして、何につけても感情的になるエモい匂宮は、自分の心を持て余していました。

「やっぱりあんな方はどこにも…」女房・悲しみの再デビュー

宮は浮舟の死を薫以上に嘆きつつも、いつまでも中の君相手に「浮舟が、浮舟が」というのも気が引ける。最初こそ打ち明けあって慰めあったふたりですが、所詮は最近互いの存在を知った異母姉妹。中の君にとって浮舟の死は、大君を失った時の悲しみとは違うものです。

話し相手を求め、匂宮は京の知り合いの家に身を寄せていた、浮舟の女房の侍従を呼び寄せます。宇治の女房たちの多くは去った後で、親子で浮舟に長年仕えてきた、乳母と右近の母子だけは主を偲んでそこに留まっていました。

侍従もしばらく一緒にいたのですが、毎日荒々しい川音を聞いていても、今はもう何の希望も持てず、ただ恐ろしく悲しい思いがするだけ。宇治にいるのはあまりに辛いと、京の知り合いのみすぼらしい家にいた所を、宮の家来たちに探し出されたのです。

「うちにおいで」と宮は二条院に仕えるよう勧めますが、自分が浮舟の女房だったとわかれば、二条院の人たちはどう思うだろう?「姉の夫を寝取った妹に仕えていた人よ」などと言われるのはたまらない。そこで、宮の母・明石中宮の女房にしてほしいとお願いします。

「それがいい。早速紹介してあげよう」。こうして、侍従は中宮の女房となり、華やかな宮廷世界を知ることになりました。幸いにも、「なかなか美人の下級女房」と認められ、誰も彼女を悪く言う人はありません。

周りの女房はみな良家のご令嬢ばかりと聞き、侍従は日が経つにつれ彼女たちの顔を見る機会に恵まれますが(やっぱり、浮舟さまのような方はいらっしゃらないわ。あんな風に可愛らしい方は……)

そして、中宮のもとへご機嫌伺いに来る薫の姿を物陰から見ては、宇治のことを思い出して胸が締め付けられるのでした。

新たな恋の火種? 数奇な運命に翻弄される姫を巡る思惑

さて、侍従の他にもうひとり、女房デビューした人がいました。先日亡くなった式部卿宮(桐壺帝の皇子・源氏や八の宮の兄弟宮)の遺したお姫様で、父宮は生前、娘を皇太子妃にするか、薫と結婚させたいとまで考えていました。

ところが意地悪な継母は、夫が亡くなったのをいいことに、自分の兄がこの姫に懸想しているのを取り持って結婚させようと企んでいたのです。姫君はそのことで大変悩み、将来を憂えていました。

この話が中宮の耳に入りました。「それはお気の毒だわ。お父宮が大変可愛がっていらした姫君を、そんな身分も低くパッとしない男に縁付けるなんて。よかったら、女一の宮のお話相手としてこちらにいらっしゃいませんか」

というわけで、彼女は“宮の君”という女房ネームをいただき、女一の宮の女房になりました。宮家の出身のため、特別待遇ではあるのですが、それでも一応主従関係。

女房のユニフォームである裳(後ろ向きにつけるエプロンのようなもの)と唐衣(上着)のうち、裳だけをつけてお勤めに上がっています。高貴な人もやむを得ずお勤めに出なければならない状況に、薫も世の無常を感じずにはいられません。

(お父宮があれほど期待していた姫君なのに。僕の妻となったかもしれない人なのに……。栄枯盛衰とはこのことか。入水した浮舟はこんな目に遭わなかっただけ良かったのかもしれない)

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧