ソニーの電気自動車「VISION-S」 CES2020でプロトタイプ車両を発表

access_time create folderデジタル・IT

米ネバダ州ラスベガスで開催されているCES2020で、ソニーは電気自動車「VISION-S」のプロトタイプ車両を発表しました。


https://twitter.com/Sony/status/1214562708911091713
「VISION-S」とは、同社のモビリティにおける安心・安全・快適性・エンターテインメントなどを追求する取り組みです。「VISION-S」プロトタイプ車両は、BOSCH、NVIDIA、クアルコムといったパートナー企業の協力を受けて開発されました。イメージング・センシング技術、AI、通信、クラウド技術活用の車載ソフトウェアにより、機能面は継続的にアップデートされるそうです。

また、CMOSイメージセンサーやToFセンサーなど、様々なセンサーが計33個配置されています。各シートの内蔵スピーカーは、「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」対応。

パノラミックスクリーン搭載で、様々なエンターテインメントコンテンツを楽しむことも可能。

VISION-S prototype vehicle product movie(YouTube)
https://youtu.be/-6fHmNvvEcE

本当に発売するのかどうかが非常に気になります。

VISION-S
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/vision-s/[リンク]

※画像:YouTubeより引用
https://www.youtube.com/watch?v=-6fHmNvvEcE

※ソース:
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202001/20-001/
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/vision-s/

(執筆者: 6PAC)

access_time create folderデジタル・IT
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧