【原発20キロ圏内のリアル】雑草にのみこまれる線路―JR竜田駅(楢葉町)

access_time create folder政治・経済・社会
福島第二原発そばから、線路を見下ろす

東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域のなかに存在するJR常磐線の駅をひとつずつたずね、駅とその周辺の今の様子を紹介していく。2つめに紹介するのは楢葉町にある竜田駅だ。

JR竜田駅(楢葉町)

JR竜田駅(楢葉町)

竜田駅前の商店の自動販売機。盗難に遭っていた。

竜田駅前の商店の自動販売機

前回おとずれた木戸駅と同様、地震の影響はみられない。ここもなぜか駅舎のドアが開いていた。

竜田駅前の商店の自動販売機

この駅ととなりの富岡駅の間に福島第二原発がある。

第二原発そばから、線路を見下ろすと、雑草が生い茂りレールが埋もれていた。

第二原発そばから、線路を見下ろすと、雑草が生い茂りレールが埋もれていた

※掲載したすべての写真は、ガジェット通信サイトでご覧いただけます。

※「原発20キロ圏内のリアル」は、福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けするガジェット通信連載企画です。[連載のすべての記事はこちら]

access_time create folder政治・経済・社会

木戸川シャケ

連載「原発20キロ圏内のリアル」で福島第一原発警戒区域20キロメートル圏内の現在の姿を写真とともにお届けします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧