お詫びに1万円!? 緊急着陸のアクシデントに対するANAの対応が話題に

access_time create folder政治・経済・社会

12月19日、福岡発羽田行きの全日空機が離陸してまもなくエンジントラブルのため福岡空港に引き返し緊急着陸するというアクシデントが発生した。

幸いけが人は無く、件の飛行機に乗っていた乗客に対しANAからはアクシデントのお詫び金1万円が支払われたようだ。

「なんと緊急着陸をすると1万円貰えました」

「姫と旅行中。
まさかの緊急着陸。
1万円もらったお!」

複数の乗客のツイートにより明らかになったお詫び金の存在だが、これに対しTwitterなどSNS上では数多のコメントが上がっている。

「滑走路閉鎖の影響で福岡空港が大混雑して結局振替便も2時間遅れ、私が羽田に着いたのは夕方でした。
ちなみにANAからは緊急着陸した当該機で1万円、振替便が大幅に遅れたので千円をいただきました。
しかしみんな思うんだろうけど、まさか自分が、っていうのは本当に起こるものなんだよねぇ。教訓教訓」

「空港なう!!エンジン燃えませんように!!
いや、エンジン燃えて緊急着陸して1万円ほしい!」

「福岡発羽田行きの全日空246便が離陸直後にエンジンが爆発し発火 福岡空港に引き返し緊急着陸 着陸後乗客は1万円を貰う
爆発してもすぐに消火できたみたいやけど、こんな時に乗ってたら生きた心地はせんやろな。」

「つまり1万円以下で飛行機予約してハイジャックからの緊急着陸をすれば永久機関か…」

「まず緊急着陸、ご無事で何よりです‍♀️‍♀️‍♀️
過去にも空港で配布されてるのを見た事があります✈️
各航空会社や状況によりますが、
•緊急着陸…1万円
•最終便がディレイで終電を過ぎて着陸…五千円
ボーディングブリッジの脇でグランドさんが陳謝しながら配布してた‍♀️」

筆者も、別の航空会社だが出発が1時間ほど遅延したお詫びに1000円を受け取ったことがある。お詫び金の基準はさまざまのようだが、こういうことがあると知っておいて損はないだろう。

(執筆者: 中将タカノリ)

access_time create folder政治・経済・社会
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧