ドル記号『$』はスペイン発祥って本当!?(Totte)

access_time create folder政治・経済・社会
ドル記号『$』はスペイン発祥って本当!?

今回は『Totte』ブログよりご寄稿いただきました。

ドル記号『$』はスペイン発祥って本当!?(Totte)

Hola, プロカメラマン予約『Totte』のスペインブログです。
今日はスペイン発の興味深い『歴史とお金』のお話です!

日本で使われる通貨(お金)は「円」、スペインは「ユーロ」、そしてアメリカといえば「ドル」(Dollar)ですよね。

そんな世界で最も流通している通貨の『ドル』は、もはや経済と資本主義のシンボル。

Source: Museo Arqueológico Nacional (MAN)

ピカソと並び20世紀のスペインを代表する芸術家のサルバドール・ダリのあの独特な髭もドルサインの『$』をモチーフにしているんだとか。

でも、お気づきでしょうか…

ドル記号『$』って、どうして「ドルのDに縦棒」じゃなくて「Sに縦棒」なの?

なになに、気にしたことなかったけど不思議!

この謎を探るべく、Totteの雑学博士をマドリードにあるスペイン国立考古学博物館(Museo Arqueológico Nacional)へ派遣してきました!

▽コイン専門のコーナーを発見!

▽早速、なにか発見したようです。

それでは本題へ!

ドル記号『$』のデザインには諸説があるそうです。
ざっくりですが:
【スペインのペソ説】P + S = $
【8R説】8R = $
【スペインの国章説】II + S = $
【アメリカ説】U + S = $
【その他の説】S + I = $

スペインが発祥説

【有力説1】スペイン通貨ペソの「P + S」の重ね合わせ合字

P + S = $

最も有力なこの説、『$』記号は昔のスペイン通貨『ペソ(Peso)』が由来とのこと。

現在のアメリカ合衆国の建国以前ではメキシコなどのスパニッシュアメリカとイギリス領土の北米地域の間での貿易にスペインの通貨『ペソ』(Peso)が盛んに使われていて、このペソの複数形(Pesos)と書く際に

Pesoの P + 複数形のS = Pesos

と書いていて、この「P + S」を省略するショートハンドで二つの文字が重ね書きされ、その結果、現在の『$』に変化したと言われています。

つまり、この説は「$」はもともとスペイン通貨の「ペソ」を表す記号とのこと。

現在の「アメリカのドル」が世界通貨になる前は「太陽の沈まない国」とも呼ばれたスペイン帝国の貿易に伴い「スペインのペソ」の流通が盛んだったことを表していますね!

→『スペインと世界通貨』についてはまた後日!

【有力説2】 8R = El Real de a 8

8 + R = $

上記のスペインのペソ説と似ていて、15世紀の終わり頃からスペイン帝国で使われていた通貨のペソが「El Real de a 8(8R)」とも呼ばれており、この『8R』が『$』へと変わっていったとの別の説もあります。

Source: MAN

1 2次のページ
access_time create folder政治・経済・社会

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧