ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

マムシグサを毒抜きしてスイートマムシグサを作った話(東京でとって食べる生活)

マムシグサを毒抜きしてスイートマムシグサを作った話

今回はトモさんのブログ『東京でとって食べる生活』からご寄稿いただきました。

マムシグサを毒抜きしてスイートマムシグサを作った話(東京でとって食べる生活)

マムシグサが家にやってきました。

マムシグサとはテンナンショウ属の毒草で、飢饉のとき非常用の食料とされてきた。毒抜きをすれば食べることができる。

そう知ったのは先日参加した櫛田川野食会。

主催自らの手ずからバーベキュー台の中で焼かれて食用に供されていました。

 
でもって、生マムシグサ(言いづらい)が家にやってきたののも同じく先日。

終わり際の余り物配布回で主催の

「ヘイ!マムシグサ!」

の声がいい声すぎて、つい手をあげ貰ってしまったわけですね。

もらったのは会場で展示用として飾られていた特大のマムシグサ。

 
で、どないしよう…この毒物?

マムシグサとは

テンナンショウ属の一種。

もしくはテンナンショウ属の総称としても使われます。

テンナンショウは偽茎と呼ばれる基部の先端に食中植物のような花を咲かせるのが特徴的な植物。日本の野山にごくごく一般的に分布します。

春に東京の山地で撮影したテンナンショウの一種。どこを見ても視界に入ってくるほどたくさん生えていました。

 
テンナンショウ属は仲間が多く、日本だけでも100を超える種類がいるのだそう。

冒頭で頂いた個体も正確には別種のテンナンショウの一種と考えられます。ただ今回はあくまでテンナンショウ属の総称である”マムシグサ”として呼ばせてください。

※数があまりに多く、テンナンショウに特化した図鑑があるほどなのです。

さて、そんなテンナンショウ属に共通すること。

有毒成分のシュウ酸カルシウム・ムスカリン・コニインを含むこと。

それでいて球根が大きく肥大化しでんぷん質に富むこと。

そんな毒物と食物の中間くらいいる植物なのですが、昔から食べられていたというのです。

積極的に食べてきたわけではなく救荒食料として食べるのが一般的とのこと。救荒植物というのは、wikipediaからの引用になりますが「飢饉、戦争その他で食料が不足した時に、それをしのぐために間に合わせに食料として利用される植物である。」とされております。

普段は食べないワケアリの非常食なわけですね。

会場で頂いたマムシグサの球根。ずっしり500はあるでしょう。

 
また、アイヌでも食用にしたとの文献があり”球根を焚き火で焼いて、中央の黄色い箇所は毒矢の材料に、外側は食料にした。”とかなんとか。

「なんでそんな生きる死ぬかみたいな二極端なもの食べてたの!?」

「その境目どこなの?」

中間を食べたらどうなるの?」

などなど、突っ込みたいたいところは山ほどありますが、昔から少なからず食べられてたのは事実のようです。

ちなみにこの毒成分がどれほどかと言いますと、wikipediaの引用になりますが、

・特に球根の毒性が強く、その汁に触れると炎症を起こす。
・誤って食すと口中からのどまでに激痛がはしり、唾を飲み下すことすらできないほどとなる。
・激しい下痢や嘔吐、心臓麻痺といった症状が現れ、重篤な場合死亡する。

決して食べてはいけないものなのでは…?

ちなみに、この症状は主にシュウ酸カルシウムの針状結晶の刺激によるもの。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき