ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今日マチ子×やくしまるえつこのコラボ絵本『ぼくのおひめさま 親指姫 白雪姫』がダークかわいい!

『ぼくのおひめさま 親指姫 白雪姫』

2004年からブログ『センネン画報』を毎日アップ、文化庁メディア芸術祭を受賞するなど、高い評価を得ている今日マチ子。叙情的な少年少女と夢幻的な世界観が多くのファンを魅了してます。
『センネン画報』で、相対性理論のボーカルでアニメ『輪るピングドラム』のOP「「ノルニル」「少年よ我に帰れ」でもおなじみのやくしまるえつこと共作したことがあることはマンガ好きではよく知られていることでしょう。
その二人のコラボした『ぼくのおひめさま』の第一弾「人魚姫 灰かぶり」が2012年2月にパイ・インターナショナルから発売。フルーツや文房具をモチーフにした今日の世界にやくしまるの朗読したCDが付いたことで大きな話題を振りまきました。

そして、2012年6月には第二弾となる『ぼくのおひめさま 親指姫 白雪姫』が発売になりました。
このシリーズの特徴の一つとして、かわいらしい絵柄の中に、毒のある視点でストーリーが進んでいることでしょう。「親指姫」は小鳥やもぐら、魚たちの視点で語られています。「白雪姫」では、後妻の妃が語り部になっており、「わたくしの心に平安がもどってきました。」という苺で描かれた顔には残酷さすら感じることが出来ます。

よく知られた童話に新しい解釈を吹き込んだ朗読絵本『ぼくのおひめさま』。
紀伊國屋書店新宿本店など首都圏11店舗では、今日とやくしまるが描いた「おひめさま」のステッカーを購入者に配布。また、京都にある複合施設prinzでは、2012年6月15日から30日まで原画展を開催。30日には今日と文筆家の千野帽子さんとのトークショーも開催されるなど、さまざまな特典・イベントにも注目したいところです。

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。