ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、Xperia ion HSPA(LT28h)をAndroid 4.0で発売、カラバリはブラックとレッド

Sony MobileがXperia ionのHSPAモデルとなる「LT28h」の詳細情報を公開しました。

Xperia ionは4.55インチHDディスプレイとMSM8260 1.5GHzデュアルコアプロセッサ、1,210万画素のExmor Rカメラなどを搭載したAndroidスマートフォン。発表当初はLTE対応モデルのみしかありませんでしたが、発表後、HSPAモデルが追加されました。

製品ページやホワイトペーパーによると、筐体デザインや基本的なハードウェア仕様はほぼ同じのようですが、ホワイトペーパーのスペック情報によると、Android 4.0(ICS)で発売されることになっており、さらに、カラーもブラックだけではなくレッドもあるなどソフトウェアやカラバリに違いが見られます。

また、3GではLT28iのように下り最大21MBpsのHSPA+より高速な下り最大42MbpsのDC-HSDPA(3GPP Release 8 cat 24)にも対応することになっています。対応周波数はGSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/HSPA850(Band5)、900(Band 9)、1700(Band 4)、2100(Band I)。米T-MobileのAWSバンドとDC-HSDPA対応なのは、T-Mobileにも投入を予定?

Source :Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
4つのカテゴリに分類されたSnapdragon S4プロセッサの詳細が明らかに
NTTドコモのAndroidアプリ「メール翻訳コンシェル」がv1.1.0にアップデート、Galaxy S SC-02Bに対応
Galaxy S IIIユーザ限定でEuroSportsのロンドン五輪ライブ映像が無料で視聴できる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。