物理学者と哲学者は「時間」を語ってどうすれ違うのか…『〈現在〉という謎』を読んで(重ね描き日記)

access_time create folderデジタル・IT 政治・経済・社会
物理学者と哲学者は「時間」を語ってどうすれ違うのか…『〈現在〉という謎』を読んで(重ね描き日記)

今回は丸山隆一さんのブログ『重ね描き日記』からご寄稿いただきました。

物理学者と哲学者は「時間」を語ってどうすれ違うのか…『〈現在〉という謎』を読んで(重ね描き日記)

〈現在〉という謎: 時間の空間化批判

「〈現在〉という謎: 時間の空間化批判」『amazon.co.jp』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326102772/rmaruy0d-22/

物理学者と哲学者によるシンポジウムをもとに企画された論考集。各章では時間論、とくに「現在」の概念を巡る論考を物理学者と哲学者(+仏教学者1名)が書き、それに対するコメントとリプライが掲載されている。

全8章からなり、どの論考も面白い。だが、理論物理学者の谷村省吾先生(以降、谷村氏)の論文とそれへの佐金武氏のコメント、青山拓央氏・森田邦久氏(いずれも分析哲学者)の章に対する谷村氏のコメントからなる応酬が際立っている。

谷村氏はしょっぱなから、

そもそも現在は謎なのか?とさえ思う。(谷村論文、p.1)

と、本書の問いそのものの意義に疑問をつきつける。「率直にいって、形而上学者たちとの対話は難儀であった。私の話はわかってもらえないようだし、彼らの話はわからない」(谷村リプライ、p.37)と歯に衣着せない谷村氏に対して、哲学者の側も「わからないというが、なにがわからないかが明確ではない」(森田リプライ、p.196)などと応戦する。

この、谷村氏と哲学者とのバトルが、本書を非常に興味深くしている。企画の成り立ち上無理な話だとは思うが、いっそのこと、全編を通して「谷村氏 vs 哲学者」の構図でまとめたらなおインパクトが強い一冊になったかもしれない。

谷村氏は哲学者へ辛らつだが、しかし頭ごなしに否定しているわけではない。非常に緻密に、言葉を尽くして、なぜ哲学者の問題意識が分からないかを説明しようとしている。もしかしたら、わざと「挑発役」を買って出て、多くの読者を議論を引っぱり込もうという意図もあるのかもしれない。そのあたりの狙いは読者からは分からないが、ともかく、谷村先生の奮闘ぶりはすごいし、この本における「すれ違い」は、「時間論」に限らない普遍性をもつと感じる。

ブログ筆者には、各論者の時間論に参戦する力はない。ここでは個別の議論には立ち入らず、うんと引いた視点から、本書で起こっている「すれ違い」の姿を言葉にしてみたい。

何が論点になっているのか:時間をめぐる現在主義と永久主義

本書の論考はそれぞれ別の問題を扱っており、必ずしも統一的な論点があるわけではない。ただ、谷村vs哲学者の応酬においては、「現在主義 vs 永久主義」の図式でひとまず捉えるのがわかりやすいと思う。

(2019/10/7加筆:以下の記事の書き方だと「物理学者=永久主義、哲学者=現在主義」という図式に見えてしまうかもしれません。筆者の状況把握は、哲学者が(ごくごく粗くとらえれば)現在主義と永久主義の両陣営に分かれていて、それを(一部の)物理学者から見ると(現在主義がそもそも圧倒的にナンセンスなので)議論の意義自体が理解できない、というものです。そういう意図で書いたものとして読んでいただければ幸いです。)

現在主義(presentism)/永久主義(eternalism)とは、時間の捉え方に関する、最も粗い二分法である。神経科学者のディーン・ブオノマーノによる『脳と時間』に簡潔な説明がある。

現在主義によれば現在だけが実在し、あらゆる存在は絶え間ない現在の中にのみ存在する(…)。過去とは、もはや存在しない宇宙の形態であり、未来とはいまだ定まっていない形態を指す。

永遠主義〔『〈現在〉という謎』では永久主義〕によれば、時間とは開けた次元の形で空間化されており、その次元内では過去も未来も現在も同等に存在する。(ブオノマーノ著、村上訳『脳と時間』p.168)

物理学者には「現在主義」は受け入れられない

物理学者にとっては、現在主義は認めにくい。現在主義は、世界のすべてが「今」という一枚のスライスのうちに存在すると捉える。しかし、二つの事象の「同時性」は座標系に依存し、絶対的な同時性はないというのが相対性理論の帰結だった。だから、一枚のスライスなど、想定できない。あらゆるものが共有する「今」という概念は、物理学的には意味をなさないのだ。谷村氏が下記のように言うのもうなずける。

相対論に抵触しない形で絶対的同時性を導入しようとするなら、それは物理的に観測不可能なありようでなければならない。そのような、観測不可能な絶対的同時性であれば、あっても無害だし、まさに形而上学的絶対同時性と呼ぶのがふさわしいし、この世界とは無関係だと私は思う。(谷村リプライ、p.52)

現在という瞬間をすべての存在物が共有しているようなことを述べる態度は、ひどく近視眼的な、前近代的な思い込みであるように私には思える。(谷村論文、p.25)

谷村氏に限らず、物理学者の多くにとって現在主義を受け入れにくいものだろう。

〈現在〉を認めないことの「コスト」

それでは永久主義でいいだろうか。永久主義の難点は「今の特別さ」をまったく説明できないことだ。四次元時空のある点を指定し、その点から見た「過去・現在・未来」を考えることはできる。しかし永久主義ではどの時空の点も平等であり、まさしくこの「今」――本書では、絶対的現在・(マクタガードの)A理論的現在・〈現在〉などと表記される――の特別さ、さらには「時間が流れること」も扱えない。青山氏は次のように言う。

〈現在〉の実在を否定するものは、〈現在〉の実在を否定することの重みを真剣に受け止めなければならない。たとえば、いつが〈現在〉であるかは時間の流れとともに移り変わる、といった信念や、〈現在〉すでに死んでいる者と〈現在〉まだ生きている者は違ったあり方をしている、といった信念も、その場合には捨てなければならない。(青山拓央・リプライ、p.167)

1 2次のページ
access_time create folderデジタル・IT 政治・経済・社会

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧