体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

今回は板羽宣人さんのブログ『これ買ってまじ良かったよ!』からご寄稿いただきました。

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

昨年夏のニセコでの1ヶ月滞在に続いて、今回はハワイで家族ノマドをおこなってきました。
約20日間の滞在だったわけですが、ニセコ同様*1、今回も得るものが多くあり、我が家にとっては「これまじ!」な体験となりました。

*1:「こんな快適な夏があったのか!ニセコでの長期ノマドワーキング!」2011年08月30日『これ買ってまじ良かったよ!』
http://koremaji.com/2011/08/niseko_nomad/

今回の「これまじ!」は海外家族ノマドライフについて書いてみたいと思います。

なぜ家族ノマドライフを行っているのか?

そもそも、我が家はなぜ家族ノマドライフを行っているのでしょうか?
単身者でノマド的な生活をしている方は最近ブログなどでもよく見かけますが、我が家は家族で行っています
妻と小学生の子どもを引き連れてとなるとハードルはグンと上がってしまうわけですが、それでもやるにはやはり理由があります。
理由は大きく分けて2つあります。

1.1つの場所に住むことのリスク回避
2.今後来るであろう世界に子どもをいち早く順応させる

1つ目の理由である、”1つの場所に住むリスクの回避”について、それを感じたのは、やはり昨年の東北地方太平洋沖地震です。
被災地から避難されない方を見て「なぜ他府県に避難されないんだろう」と感じられた方も少なくないのではないでしょうか。私もそう感じた一人です。

しかし、少し冷静にこれを自分に置き換えて考えてみました。
もし仮に、日本全体が放射能で汚染されることがあり、日本に住むことのリスクが高くなったとき、果たして自分はすぐに日本を離れることができるのだろうか?と。

答えは「No(無理)」でした。

これまで”のほほん”と日本で暮らしてきた私や家族が、いきなり海外に移住するということは相当ハードルが高いことです。
仕事や子どもの教育など、たくさん考えないといけないことがあります。

これは相当まずいなと感じました。
地震や放射能の問題だけでなく、今後日本は経済破綻する可能性もゼロではなく、これまでどおり、安心して暮らすことができるという保障は一切ありません。
そんなリスクが考えられる時代に、「日本を離れてどこででも暮らせていける状態を作っておかなければいけない」と考えたことが家族ノマドを行うに至った1つの理由です。

2つ目の理由は、今後、日本が外国人と一緒に暮らしていくであろう社会に、今のうちから子どもを慣れさせておくということです。
日本の総人口は2005年1億2,800万人をピークに減少しはじめ、2030年には1億1500万人に、そして、2050年いは9,500万人になるという予測が出ています。
また、下記は日本の人口ピラミッドですが、少子高齢化が進み、現在働き手4人で1人の老人を扶養しているのが、2030年には2人で1人を扶養、2050年には1,5人で1人を扶養することになるとも予測されています。

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

https://px1img.getnews.jp/img/archives/hawaii13.jpg

その状態で日本の経済が成り立つ訳がなく、外国人をどんどん受け入れていくしかありません。

昨年夏に滞在したニセコは非常に外国人が多いところで、参加した地元の夏祭りでも参加者の半分ぐらいの方が外国人で、かつ、外国人と日本人の間にできたハーフの子どもがたくさんいてました。
私は近い将来の日本を見たような気がしました。

この体験はプライスレス!「海外家族ノマドライフ」

現在、日本では不況不況と言われ暗い話題が多いですが、そうは言っても飢餓することもなく、私たちの先祖が築いてくれたしっかりとした社会基盤があります。
私も私の周りの多くの人もこんな恵まれた時代はないと先祖に感謝し、そして今の時代を大いに楽しんでいます。

来るべき社会が分かっているわけですから、私の息子にも、それにいち早く順応して楽しい人生を歩んでほしいと思うのです。
これまで大半の方にとって日本人だけが競争相手だったのが、これからは外国人とも直接競争することになり、かつ、彼らの多くが優秀でありハングリーでしょう。
それをとても厳しい時代だと捉えるか、いろんな人種の人たちと暮らせて切磋琢磨できる楽しい世の中と捉えられるかでまったく人生の楽しさが変わってくると思うのです。

ハワイを選んだ理由

今回は初の海外ノマドライフ先としてハワイを選択しました。
なぜ、ハワイを選んだのか、これには3つの理由があります。

1.生活するのにハードルが低い
2.快適に過ごせる場所である
3.有利な場所である

1つ目の理由としては、生活するのにハードルが低いということです。
私も妻も語学が堪能ではなく、海外に慣れているわけではありません。
また、今回は息子に外国人と暮らすことを慣れさせることが目的の1つでもありますので、いきなりハードな場所ではなく、日本人も適度にいてる半分外国であるハワイが最適だと判断しました。
これは非常に正解で、海外初心者である私たち家族が刺激を受けながらも楽しく生活することができました。

2つ目の理由としては、快適に過ごせる場所であるということです。
元々昨年夏ニセコで過ごしたのは、大阪の猛暑を避けるということも理由の1つでした。ニセコの快適な環境で、夏バテすることもなく生産性をあげて仕事をすることができました。
そしてハワイも気候を含めて非常に快適な場所です。
私の理想は季節に応じた、その時々で快適な場所を選択して生活をするということです。
その1つの候補地としてハワイはやはり欠かせなく、ハワイでの生活を体験できたことはとても良かったと思います。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。