[野菜の保存方法]チルド室&野菜室がなくても長持ちさせるコツ

access_time folderグルメ
[野菜の保存方法]チルド室&野菜室がなくても長持ちさせるコツ

野菜の鮮度を保つためには温度と湿度が鍵になります。ここでは、野菜室(設定温度7~10℃)やチルド室(設定温度0~1℃)がない冷蔵庫の冷蔵室(設定温度3~6℃)で、生の野菜を保存する方法を紹介します。

野菜を冷蔵庫の冷蔵室で保存(温度:3~6℃)

冷蔵室は、野菜室よりも低温で、かつ湿度が低くなっています。そのため冷蔵室で保存する場合は、一工夫が必要です。

[立てて保存]

●アスパラガス

アスパラガスは水を少量入れたビンに立て、冷蔵室で保存

端を少し切り落とし、1~2cmの水を入れたビンに穂先を上にして立てる。

ポリ袋をかぶせて保存する。

保存の目安:10日ほど

●ブロッコリー

ブロッコリーは水を少量入れたグラスに立て、冷蔵室に保存

茎を根元から1cmほど切り、根元が浸かる程度に水を入れたグラスに立てる。

空気が入るようにポリ袋をふわっとかぶせて、輪ゴムで閉じて保存。

保存の目安:10~14日ほど

●かいわれ大根

かいわれ大根は購入したパックに水を少量入れ、冷蔵室に立てて保存

購入したパックに、根元のスポンジが浸かる程度に水を入れる。

上部にラップをかけて保存。

保存の目安:1週間ほど

[切って保存]

●ニラ

ニラは切って水を入れた保存容器に入れ、冷蔵室で保存

3~4cmの長さに切って保存容器に入れる。

かぶるくらいの水を入れて、ふたをする。

3日おきに水を取り替える。

保存の目安:10日ほど

ニラを買ったままの状態で保存した場合との、1週間後の違いはコチラ

●セロリ

セロリは切って水を入れた保存容器に入れ、冷蔵室で保存

葉を切り落とし、茎を使いやすい長さに切って保存容器に入れる。

かぶるくらいの水を入れて、ふたをする。

3日おきに水を取り替える。

保存の目安:10日ほど

水菜

水菜は切ってキッチンペーパーを敷いた保存容器に入れ、冷蔵室で保存

使いやすい長さに切り、水に1~2分さらして、ざるにあげて水気をふき取る。

容器にキッチンペーパーを敷き、水菜を入れる。

上からキッチンペーパーをかぶせ、ふたをして保存。

キッチンペーパーが濡れてきたら取り替える。

保存の目安:10日ほど

野菜を冷蔵庫の冷凍室で保存
(温度:-18~-22℃)

冷蔵に弱い野菜や、一度で使い切れなかったとき、すぐに食べない場合などは、冷凍で保存しておきましょう。

ねぎやほうれん草など常備野菜を生で冷凍するコツはコチラ

大根、キャベツ、白菜の冷凍保存法はコチラ

きのこの冷凍保存法はコチラ

常温で保存(温度:15~25℃)

タマネギやさつまいも、じゃがいも、かぼちゃなどは、常温で保存できます。風通しの良い場所に保管しましょう。

常温で保存する場合の保存法、コツはコチラ

最後に

野菜室やチルド室がない冷蔵庫でも、長期保存できる野菜があります。野菜ごとの保存温度と保存法を知って、野菜を上手に保存してください。

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

濃い緑色が鮮やかなブロッコリーは、β-カロテン、ビタミン、食物繊維などを豊富に含む、栄養満点の万能野菜。最近では通年でスーパーに出回っており、サラダや炒めものにはもちろん、お弁当にも重宝します。寒くなるにつれて甘みが増し、11~3月までが旬です。

最終更新:2019.10.23

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる!食品保存辞典』島本美由紀著(講談社)

access_time create folderグルメ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧