Interview with black midi /ブラック・ミディ来日インタビュー

access_time create folder生活・趣味

先ごろ、本年度の受賞作が発表されたマーキュリー・プライズ。惜しくも受賞は逃したものの、デビュー・アルバム『Schlagenheim』が候補作にノミネートされたブラック・ミディ。活況に沸くサウス・ロンドンが輩出したこの4人組は、いま、もっとも注目と評価を集める若手ロック・バンドの一角といって間違いない。マス・ロック、ポスト・パンク、ハードコア、クラウトロック、プログレッシヴ・ロック、カンタベリー・ミュージックなど数多のジャンル、無数のバンドを想起させる圧倒的な音楽的雄弁さ。そして、それを支える確かな演奏力と、クールでドライな審美眼。と同時に、ノイズを撒き散らしながらジャムになだれ込むマナーはきわめて性急かつ衝動的で、そこには有無をいわさぬような説得力がある。メンバー全員はまだ19歳か20歳。いったい全体、ブラック・ミディって何者!? 全公演ソールドアウトとなったジャパン・ツアーの東京公演前日、バンドを代表してマット・ケルヴィン(Vo/G)とモーガン・シンプソン(Ds)に話を聞いた。(→ in English

――この前、Bo Ningenとライヴをやられてましたよね。タイゲンさんはNeolでブログを書かれていたこともあって。

マット「へえ! いいね! こっちからもヨー、メン!って伝えといてくれよ(笑)」

――ブラック・ミディとBo Ningenといえば、どちらもダモ鈴木との共演作がありますよね。あの経験がその後の自分たち、ひいてはアルバム『Schlagenheim』にもたらした影響を挙げるとするなら、それはどんなことですか。

モーガン「即興に自信が持てるようになったよね。最初、共演したとき、一切の説明とか指示のない中で、本番直前に『ステージからジャンプするから、着地したらガンガンにノイズを出して』って言われただけで(笑)。あのときから今みたいな方向に一気に変化していったよね。ミュージシャンとして自信がついたっていうか」

マット「それは絶対にある。あのときのライヴを境にビフォア・アフターみたいな感じで、ステージでも積極的に即興をやるようになったし。それは完全にダモと一緒にステージで即興したことがきっかけだよね。あと単純に人と一緒にプレイすることに抵抗がなくなった。それまで初対面の人とステージで共演することってほぼなかったし、あのときが初めてみたいなもんで。初めて会った人と一緒にステージに立って、あれだけ圧倒的なパフォーマンスができるっていうのにマジで感動して、自分たちももっといろんなミュージシャンと積極的に絡んでいきたいなと思うようになった」

モーガン「たぶん、自分達が思ってる以上に影響を受けてるよね」

――演奏家として鍛えられた?

マット「それはもう」

モーガン「もちろん」

――ブラック・ミディのサウンドって、いろいろなジャンルやバンド名を引き合いに出して語られていますよね。ただ、部分的には確かに当てはまるところがあっても、全体としてはまったく別物の音楽になっている。そんな自分たちのサウンドについて、当の本人としてはどこまで自覚的なんだろう?という辺りから話を聞かせていただきたいのですけど。

マット「たしかにいろんなバンドを引き合いに出されてるけど、自分たちでもそれまで知らなかったっていうバンドのほうが多いんだよね。雑誌や取材なんかで言われて、初めてそのバンド存在を知るみたいな。それはそれでいろいろ新しい発見があって楽しいしさ。でも、曲を書いてるときには、他のバンドとか音楽とかまったく意識してないと思う。同じ部屋に入って、ひたすらテープレコーダーを廻して、そのままえんえんと何時間もジャムし続ける。そこからなんかちょっと良さそうなパートを繋いで曲の形にしていく、みたいな感じ。ただ、自分達の中から自然に出てきた音に従っていくだけっていう」

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

NeoL/ネオエル

都市で暮らす女性のためのカルチャーWebマガジン。最新ファッションや映画、音楽、 占いなど、創作を刺激する情報を発信。アーティスト連載も多数。

ウェブサイト: http://www.neol.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧