ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「負けて死んじゃってもいいんですよ、ホラー映画の世界を体験してるんですから」 ゲーム『Dead by Daylight』開発者インタビュー[ホラー通信]

『Dead By Daylight』マシュー・コート

『ハロウィン』『悪魔のいけにえ』『エルム街の悪夢』など、数々のホラー映画とコラボし、伝説的なホラーキャラクターをユーザー自身が操作できるオンラインサバイバルゲーム『Dead by Daylight』が人気沸騰中。PC版とPS4版に続き、9/26にNintendo Switch版がリリースされた。Netflixの人気ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』とのコラボもスタートし、ますますの盛り上がりを見せている。

このたび、プロジェクトの立ち上げからゲームディレクターとして本作に従事するマシュー・コート氏が来日。直接お話を聞くことが出来た。ゲームのダークな雰囲気とは裏腹に、陽気な彼が笑顔で語る本作の魅力、そして初心者へのアドバイスとは?

『Dead by Daylight』開発者 マシュー・コート氏 インタビュー

『Dead By Daylight』マシュー・コート氏

[画像:終始ニコニコ顔のマシュー氏]

本作は、1名のキラーと4名のサバイバーでプレイする非対称型のオンラインゲームだ。プレイヤーはキャラクターを選びゲームをスタートすると、自動で他の4名がマッチングされる。

マシュー・コート「このゲームは古典的な80年代のホラー映画やスラッシャー映画にインスピレーションを受けて作ったものです。プレイヤーは殺す側(キラー)か生き残ろうとする側(サバイバー)のどちらかを選んでプレイし、まるでホラー映画の中に飛び込んだかのような気分を味わえるんです。

ゲーム自体はすごくシンプル。4人のサバイバーは悪夢の世界に捕まっていて、その世界から逃げ出すために、出口を見つけ出そうとします。そして、1人のキラーがそれを阻止するために、彼らを探し、ぶちのめし、フックに吊るして、“エンティティ”と呼ばれる邪悪な存在に生贄として捧げるんです! そしてそれが終わればまた最初から始まって、繰り返し……また繰り返し……“エンティティ”が創り出す、終わりのない悪夢です(ニッコリ)

ゲーム『Dead By Daylight』スクリーンショット

[画像:4名のサバイバー。洋服も好きなものに着せ替えられる]

伝説的ホラー映画とのコラボレーション

新しいマップと新しいキャラクターが遊べるようになる“チャプター”が定期的に追加され、発表のたびに話題を集めている。ホラー映画ファンならホラー映画とのコラボチャプターは見逃せない。ホラー映画の舞台をそのまま再現したマップや、ホラー映画の伝説的なキャラクターがキラーやサバイバーとして登場してきた。

マシュー「ゲームがスタートして4年、現在13チャプターまで来ました。ホラー映画との初めてのコラボは2年前、『ハロウィン』のマイケル・マイヤーズとローリー・ストロードです。(記者の着ていた『ハロウィン』Tシャツを見て)……君はもう知ってるね(笑)」

ゲーム『Dead By Daylight』スクリーンショット

[画像:ゲーム内のマイケル・マイヤーズ。キラー名は“シェイプ”]

マシュー「それから『エルム街の悪夢』のフレディ・クルーガーとクエンティン・スミス『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスに、『スクリーム』のゴーストフェイス『死霊のはらわた』のアッシュなどですね。ホラー映画とのコラボに関しては、最重要ホラーレジェンドのリストを作っていて、それをどんどん叶えていった形です。リストはそんなに長くないので、まだわずかに実現していないものもあるけれど、ほとんどは実現できました」

興味深いのは、『Dead by Daylight』からホラー映画のファンになる層も少なくないということ。伝説的ホラー映画『ハロウィン』(1978)の同名続編が日本で2019年4月に公開されたが、オリジナル版を知らない若い層も本作でマイケルやローリーのファンになり、劇場に詰め駆けた。

マシュー「“キャラクターは知ってるけど映画は観たことがない”という層も、ゲームでキャラクターをプレイしてみて、興味を持って映画を観てみたということはよくあるみたいですね。『Dead by Daylight』は若いプレイヤーが多いんです。僕なんかはもちろん世代だけれど、オリジナルの映画がリリースされた頃には生まれてなかったという世代も沢山いるわけで。それで、自分の好きなキャラクターがどういうふうに映画に出ているのか知りたいと思って映画を観る場合が多いみたい」

ゲーム『Dead By Daylight』×『スクリーム』スクリーンショット

[画像:映画『スクリーム』とのコラボキラー“ゴーストフェイス”]

「日本のホラーはすごくユニーク」

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき