ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

Insta360 GOで撮った東京ゲームショウ サンプル機とAnddoidを組み合わせたときのちょっとした苦労話も添えて

9月12日から15日にかけて開催された「東京ゲームショウ2019」。取材にはいつも使うコンデジも持って行ったのですが、実はInsta360が発売した親指サイズのアクションカメラ「Insta360 GO」のレビュー用サンプル機が届いていたので、撮影に使おうと持参していたのでした。その特徴を撮影例と共にご紹介します。

ゲームしながら動画が撮れる

まずはroom6ブースで出展されていた、華族の女同士が激しいビンタ合戦を繰り広げる名作Flashゲームをスマートフォンに移植した「薔薇と椿」のプレイ動画から。

TGS2019:NIGOROの名作Flashゲーム「薔薇と椿」がスマホゲーム化! インディーゲームコーナーroom6ブースでプレイアブル出展
https://getnews.jp/archives/2205602[リンク]


https://twitter.com/shnskm/status/1172377644408561666

片手でスマホを持ち、もう片方の手で画面をおスワイプしながらおビンタする手元がPOV撮影できていることが分かると思います。Insta360 GOを東京ゲームショウに持って行こうと思ったのは、このようにゲームをしながら動画が撮れるから。手ブレ補正機能により安定した映像にも注目。

マグネットネックレスというアクセサリーが同梱し、これを首からかけてシャツの中に入れると、カメラ本体をシャツの上から装着することができるのです。この状態で本体をタップすると動画撮影がスタートし、デフォルトで30秒の動画を撮影できます。最大1分の動画が撮影可能。

30秒ずつ撮影した動画を編集して1本にしたのが、PLAYISMブースで撮影した「DEEEER Simulator」のプレイ動画。

TGS2019:ごく普通のシカのゲーム「DEEEER Simulator」は期待どおりの痛快なバカゲーだった
https://getnews.jp/archives/2205638[リンク]

Insta360 GO ごく普通のシカのゲーム「DEEEER Simulator」 TGS2019 プレイ動画(YouTube)
https://youtu.be/j5745XmX0NA

広角で撮影した映像はコントローラーを持つ手元からモニターまでだけでなく、ブースの様子も分かるような臨場感があります。明るい場所での撮影ならフルHDの画質もなかなか良好なことが分かるのではないでしょうか。

これらは撮影がうまくいった例ですが、撮影している間はモニターで確認することができないため、思ったように映っていなかったというケースもあります。

記事の動画が見られない方はこちらのページからご覧ください。
https://getnews.jp/archives/2209126

ハイパーラプス映像をお手軽撮影

東京ゲームショウのように華やかな展示物がある大きな会場で試してみたかったのが、移動しながらインターバル撮影するハイパーラプスモード。こちらは、本体を押さえて長押しして電源をONにした状態で、本体を2回タップすると撮影できます。撮影を開始したことは本体の振動で知らせてくれるのですが、慣れないとちゃんと撮影できているのか分かりづらいので、何回か練習して本番に臨むことをオススメします。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき