TGS2019:NIGOROの名作Flashゲーム「薔薇と椿」がスマホゲーム化! インディーゲームコーナーroom6ブースでプレイアブル出展

access_time create folderゲーム

ゲーム制作集団NIGOROがFlashゲームとしてリリース、「華族の女同士の激しいビンタ合戦」という昼メロのような世界観で人気を集めた「薔薇と椿」がスマートフォンアプリに移植され、東京ゲームショウ2019 インディーゲームコーナーのroom6ブースでプレイアブル出展されています。

ゲーム内容は、タイマン勝負でビンタを打ち合い、相手を倒す“おビンタ格闘バトルゲーム”。相手のほっぺためがけておスワイプでビンタを打ち、相手が攻撃してきたら下がる方向におスワイプしてスウェイ。Flashゲーム版は攻撃と防御をクリックで切り替える操作が必要でしたが、スマホ版はより直観的に画面をおスワイプしてビンタし、避けることができます。


https://twitter.com/shnskm/status/1172377644408561666

ブースにNIGOROのボス、楢村匠さんがいたので、お手本プレイをしていただきました。

鮮やかな指さばきでビンタを決めていく楢村さん。特定の条件を満たすと相手がピヨるので……。

往復ビンタのラッシュでフィニッシュ! 指が速すぎてカメラが追い付きません。

開発はNIGOROが担当し、room6がパブリッシャーとして年内のリリースを目指しているとのこと。FlashからUnityに移植する際、FlashのActionScriptを移植するのではなく、プログラマーが目コピして開発しているのだとか。「La-Mulana」シリーズのような大作プロジェクトの合間に、Flashゲームとしてリリースしていた小規模な作品を出していきたいと語る楢村さん。Flash Playerのサポート終了が2020年末に迫る中、こうした名作Flashゲームが形を変えて復活するのはよいニュースですね。

ブースでは、フライヤーやポストカード、ビンタステッカー、薔薇&椿ステッカーを配布中。Flashで遊んだことがある方は、是非ブースでプレイしてみてください。

access_time create folderゲーム

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧