ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

もうゾワゾワしない!虫が寄りつきにくくなるガーデニングアイデア

もうゾワゾワしない!虫が寄りつきにくくなるガーデニングアイデア

「ガーデニングは好きだけど、虫は大の苦手!」。そんな方のために、不快な虫たちが寄りつきにくくなる簡単アイデアをご紹介します。

虫が寄りつきにくくなるガーデニングアイデア3選

虫を呼び寄せたくないなら、虫にとって居心地の悪い環境を作るのがいちばん! 
ここで紹介する虫除け対策を実行してみてくださいね。

 

【アイデア1】「整枝・剪定」で風通しをよくする

© PIXTA

虫は風がよどみ、湿気がたまっている場所が大好き!
伸び放題でうっそうと茂った庭木、葉が重なり合って多湿状態の花壇、放置された雑草の繁み・・・そんな場所で身を潜めています。

庭木は枯れ込んだ枝、幹の中心に向かって伸びる枝など、不要な枝を剪定。
葉が茂り過ぎた草花は、適度に古い葉を間引きます。

枝や葉を整理して幹や株の中心まで日光が差すようになれば、虫が寄りつきにくくなると同時に、植物が健康的に育ちます。

もうひとつ大事なのが、虫の格好の住処になる雑草を茂らせないこと。
特に地下茎を伸ばして庭じゅうにはびこるタイプの雑草は、いったん増えると根絶やしが難しいですよ。
片手ですっと抜ける程度の小さなサイズのときに、しっかり抜き去って!

 

【アイデア2】鉢・ガーデンツールを放置しない

© PIXTA

たとえば、使っていない鉢やプランターを庭に放置すると、ハチにとって最高の巣作り場所を提供することになります。
ウッドデッキの下も、ハチが巣をつくっていないか、定期的にチェックすると安心です。
万一、ハチに巣をつくられてしまったら、小さいうちに専用薬剤をまくか、駆除業者を呼んで。

またジョウロや鉢皿、バケツをしまわずにいると、雨水などがたまり、蚊の幼虫・ボウフラがわくことがあります。
鉢の下に鉢皿を敷いているのなら、水やりの後はあふれ出た水を皿から捨てるのを習慣にして。

ガーデンツールは、雨のかからない軒下に置くか、物置などにしっかり収納することを心がけましょう!

 

【アイデア3】虫の嫌いな植物を植える

© PIXTA

▲画像はジョチュウギク。

植物の中には、虫が嫌う成分を含むものがあります。
虫除けの薬剤ほど効果は望めませんが、虫除けを期待しつつ、花やグリーンを楽しんでみては?

ゼラニウムの仲間である「カレンソウ」は新芽の香りの中に、蚊よけの成分があるのだとか。
同じく「ローズゼラニウム」にもこの成分が含まれているのだそうです。

「ジョチュウギク」は「除虫菊」の名のとおり古くから蚊除けとして知られ、蚊取り線香の原料になったことでも有名です。
白がポピュラーですが、赤やピンクの花もあるんですよ。

ハーブの一種「タンジー」は、香りのよい黄色い小花。
虫を防ぐハーブとして、イギリスでは昔から活用されてきました。
初心者でも育てやすい強健種のうえ、蚊の出やすい夏が花期なのでぜひ育ててみて。

 

いかがでしたか? 
虫が寄りにくい工夫をして、居心地の良い庭を目指してくださいね。

Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき