N国党・立花孝志代表がマツコ・デラックスさんに抗議 小林よしのりさんはブログで「マツコは『言論弾圧』に負けてはいけない」

access_time create folderエンタメ

8月12日、NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志代表がTOKYO MXでタレントのマツコ・デラックスさんに対して抗議の”出待ち”を行い話題となった。7月29日に同局で放送した「5時に夢中!」にて、マツコさんがN国党と、同党に投票した人を批判したと主張する立花代表。「5時に夢中!」のスポンサーである崎陽軒などの不買運動を行うという動画をアップするなどして波紋が広がっていた。

参考記事:N国党・立花孝志代表の「崎陽軒不買運動」の波紋広がる 高須克弥院長は崎陽軒を守るとツイート
https://getnews.jp/archives/2192172[リンク]

8月13日、漫画家の小林よしのりさんは自身のブログに

マツコ・デラックスはN党・権力者の言論弾圧に負けるな
https://yoshinori-kobayashi.com/18651/[リンク]

というエントリーをアップした。
今回の騒動について、立花代表は国会議員という権力者で、一国民のマツコさんに対しての言論弾圧であると語る小林さん。

権力者が国民の言論を封じる、これを「言論弾圧」という。
マツコは「言論弾圧」に負けてはいけない。
自由にN党を批判せよ!
やはりN党には「公」がないのである!

と結んでいた。


小林さんのブログは反響を呼び、転載された『BLOGOS』では14日の「最も人気があった記事」だったようだ。小林さんに賛同する意見もあれば、マツコさんの影響力は大きく「一国民」であるとは言えないといったような意見もあり、賛否がわかれていたようである。

※画像は『小林よしのりオフィシャルwebサイト』より

access_time create folderエンタメ

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧