ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

あえてひとりで泊まりたい名宿へ。栃木の温泉宿で現代アートに浸る

あえてひとりで泊まりたい名宿へ。栃木の温泉宿で現代アートに浸る

最近のわたし、ぜんぜん豊かに暮らせてない。

慌ただしい朝に、倒れ込んで眠りにつく夜……
東京での生活は楽しいけれど、ふと息ぐるしくなることもあります。

ひとり旅でもして、少し気持ちをリセットしてみたいな。

そこで、週末を使って「ゆったりせざるを得ない環境」に身を置いてみることにしました。

JR東京駅からほんの1時間。

静けさの中でゆっくりと温泉やアートに浸かる休日は、案外すぐに叶うみたいです。

東京駅

列車に乗り込み、向かうは栃木県の板室温泉

東北新幹線

東京駅から仙台行き東北新幹線に乗車

息抜き旅だからこそ、頑張って早起きするなんてお門違い。

午前中はゆるゆると準備をして、12時過ぎに東京駅から東北新幹線に乗り込みます。

行き先は、栃木県那須塩原市にある板室(いたむろ)温泉。

東京駅から那須塩原駅まで約1時間10分という気軽な距離感は、おひとり向けショートトリップにピッタリです。

東京駅構内の「駅弁屋 祭」で買ってきたお弁当をもぐもぐしながら車窓を眺めているうちに、気づけば景色が緑深くなってきました。

那須塩原駅

送迎タクシーで宿へ直行!

 那須塩原駅の看板

那須塩原駅に到着!

外に出たらさっそく、「板室温泉」の文字が。さらに、事前に予約しておいた送迎用のタクシー(片道1,000円)がお出迎えしてくれました。

ここから30分ほど乗車して、目的の温泉宿へ向かいます。

大黒屋

7割以上がリピーター!? 保養とアートの宿へ

大黒屋

創業468年の、由緒あるお宿です

到着したのは、保養とアートの宿「板室温泉 大黒屋」さん。

なんと、利用客の7割以上がリピーターという人気のお宿です。長期滞在してゆったりと休養する方も多いそう。

大黒屋
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき