ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イタリアで高さ4mの電気柵を越えて脱走した天才ヒグマが逃走中 ネットでは助命運動も

先週日曜日に、北イタリア・トレンティーノ地方で箱罠にかかって捕らえられるも、どういうわけか脱走に成功し、現在も逃走を続けている天才ヒグマがイタリアを騒がせている。

コードネーム“M49”を与えられたそのヒグマは、農場の家畜を襲ったり民家に侵入しようとしたことから危険と判断され、森林警備隊の仕掛けた箱罠にかかって捕らえられた。しかしその数時間後、クマは収容された保護施設から脱走してしまう。施設は7000ボルトの電流が流れる高さ4mの電気柵で囲われていたというが、クマがどのようにしてこの障壁を突破できたのかは分かっていない。さらに悪いことに、クマの首に巻かれていた電波発信機を捕獲時に外してしまっていたため、追跡が困難になってしまった。

トレンティーノの知事は“M49”が人の居住地域に接近した場合には射殺してもよいとする許可を与え、森林警備隊と猟犬がクマの行方を追っているが、森の中に設置された監視カメラにその姿が捉えられただけで、現在までクマは逃走を続けているという。

一方、現地のWWF(世界自然保護基金)や動物の権利団体は施設の管理の甘さを棚に上げて射殺許可を出したことに反発。Twitterでは「#M49」「#fugaperlaliberta」(英語だと#escapeforfreedom)のハッシュタグを付けて逃走ヒグマを応援し、請願サイトで射殺許可の撤回を呼びかける動きも見られる。


https://twitter.com/Ramsete2/status/1151789456200015872


https://twitter.com/pamradford47/status/1152269640481030145

ヒグマはイタリア・アルプスにもともと生存していたが、20世紀初頭までにハンターの手によってほぼ絶滅してしまい、“M49”を含め現在この地域に生息しているヒグマは1990年代以降に隣国スロベニアから連れてこられた10頭のヒグマの子孫だという。絶滅しそうになれば他所から連れてきて、また少し害が及ぶと殺そうとする。人間とはどこまでも身勝手なものだ。

画像とソース引用:『Facebook』『eurozpravy.cz』より
https://www.facebook.com/SergioCostaMinistroAmbiente/posts/627966257713757[リンク]
https://eurozpravy.cz/zahranicni/eu/263670-v-italii-nahaneji-medveda-genialne-prekonal-4metrovou-ohradu-verejnost-mu-fandi/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき