ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督「『!』つきの映画がたくさん公開中。日本がテンションをあげたがってる!!」
  • ハリウッド版『デスノート』のキーパーソン“マシ・オカ”が証言 「日本人をキャスティングしたい」
  • 世界中のキティファンのテンションも株価もアゲアゲ 『ハローキティ』映画化のニュースで
  • 『新宿スワン』綾野剛&伊勢谷友介インタビュー「表情・仕草を漫画から学んで体になじませた」
  • 映画『キングコング:髑髏島の巨神』は『キング・コング』ミーツ『地獄の黙示録』だと監督が語る
  • そこは“殺人現場”をつなげて作られた異様な屋敷―― ネオ事故物件ホラー『ホーンテッド・サイト』予告編
  • マンション好景気の今だからこそ観たい! 香港発の傑作血みどろゴアムービー『ドリーム・ホーム』
  • あの現役JKも参戦!『学校の怪談/呪いの言霊』呪いの6秒動画キャンペーン[ホラー通信]
  • にゃんこ7匹が登壇!映画『ねことじいちゃん』初日舞台挨拶「岩合監督は猫のことばっかり」とキャスト明かす
  • アーロン・ポールとヘレン・ミレン共演の映画『Eye in the Sky(原題)』の予告編が初公開
  • 没入感最大増幅! “音だけで推理する=音が命”の映画『THE GUILTY/ギルティ』体感鑑賞で未来を感じた
  • 映画『Zアイランド』品川ヒロシ監督・哀川翔さん・宮川大輔さんインタビュー 「ヤクザがゾンビと戦うんだよ!? 観に行くしかないじゃん!」
  • 『ミュージアム』大友啓史監督インタビュー「これでR指定無し。映倫の基準は興味深いね」
  • 「特撮ヒーロー」で
  • 映画『ローン・レンジャー』ジョニー・デップからのアドバイス「un coolであれ」にキャイ~ン天野の本心は?
  • 『激亀忍者伝』こと『T.M.N.T.』の新作映画がキモ過ぎると話題 マイケル・ベイがプロデューサーを務める

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

「HARAJUKU CINEMA CLUB vol.2」開催 〜映画の見方の多様性や深度、熱い映画愛と出会えるイベントシリーズ〜

VACANTでは、新時代のシネフィル(映画愛好家)を語り部に迎え、魅力尽きぬ映画世界への扉をノックする連続イベント 「HARAJUKU CINEMA CLUB」をスタートする。

第2回目は、放送作家/コラムニストの町山広美さんをゲストに迎え、「町山広美のシネマスナック」と題して開催する。
 町山さんには、スナックに見立てたVACANT/1Fのバーカウンター内側に立って、映画を語っていただく。しばし浮世は忘れて、お酒を片手に、映画を肴に、深く酔いしれる夜を過ごそう。町山さんは放送作家として活躍されながら、「GINZA」など女性誌を中心に、鋭い批評眼に裏打ちされたカジュアルな文体の映 画コラムを数多く執筆されてきた。今年4月に開催したCinephile Quartetでは、ハリウッド映画『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』を紹介しつつ、「映画は世界の居心地の悪さを表現し、観客自身が感じていた違和感に気づかせてくれる」と仰っていたのが印象的だった。今回はスナックのママのように、世知辛い日常と向き合いつつ、楽しいお話をしてくださる予定だ。
映画の見方の多様性や深度、シネフィルたちの熱い映画愛と出会える、そんなひとときをご用意してお待ちしている。
原宿に現れた映画の穴蔵、HARAJUKU CINEMA CLUBへようこそ。

イベントタイトル:「HARAJUKU CINEMA CLUB vol.2」 「町山広美のシネマスナック」

ゲスト:町山広美(放送作家/コラムニスト)
日時:2019年7月13日(土) 開場19:00 / 開演19:30
入場料 : 予約¥2,000 当日¥2,200 予約¥1,800 当日¥2,000 (※全て別途1ドリンク込み)

会場:VACANT/1F(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
イベントページ: https://www.vacant.vc/single-post/HCC02

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき