ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

イベントレポ「おっさんは二度死ぬ」出版記念イベントに面白“おっさん”が大集結「本の話はしません」

2019年7月4日(木)、渋谷『東京カルチャーカルチャーカルチャー』にはおっさんたち(そしてわずかな若者と女性)が集まっていました。

この日行われたのは『~おっさん7つの大罪~Pato初の著書「おっさんは二度死ぬ」刊行記念トークライブ&サイン会』 というイベント。

『おっさんは二度死ぬ』というのは、異色人気ライターPato氏による『日刊SPA!』のコラムタイトルであり、同名の書籍タイトルでもあります。

コラムでは、社会的弱さしか見えないおっさんの悲哀あふれるエピソードを堪能できるのですが、今回発売された著書は、それらを元に再構築された作品となっています。

このコラムのファンである筆者(48歳)は、一(いち)おっさんとして、迷うことなく参加してみました。

「本の話はしません」

入場すると既に多くの人がドリンクを楽しんでいました。おっさんが9割、若者と女性あわせて1割ずつ、といったところでしょうか。
BGMは『T-BOLAN』『プリンセス プリンセス』、初期の『浜崎あゆみ』などなど90年代楽曲ばかり。

入り口ではもちろん新刊『おっさんは二度死ぬ』が販売されています。会場購入特典は“ロゴ入り特製ライター”。作品ロゴの裏にある「デリヘル Mirage」のプリントが、実は「最高過ぎる」ということに筆者はこの時点で気づいていませんでした。

イベントスタートすると、壇上にひとりのおっさんが登場。おっさん第二形態目前の筆者からすると、まだまだ「新しいおっさん」と言わざるを得ないこのおっさんは、筆者のPatoさんでした。

Patoさん開口するや「今日は本の話はしません」「壇上におっさんばかり集まります」と言い出しました。

続けて「今日は僕の好きなおっさんたちと話すイベントです」と説明。

※Patoさんは「インターネットに顔が出ると死ぬ」ため、人命尊重として記事中のPatoさんの素顔には全てボカシをかけてあります。

Patoさんの登場以後、軽妙なトークは連綿と続き、会場の空気がどんどんと温まっていくのを感じます。更にここからPatoさんの呼び込みを受けて、他の“おっさん”たちも続々と入場し始めました。

おっさん大集合

この日の出演者はこちら。

<出演>
Pato(「おっさんは二度死ぬ」著者、テキストサイト「Numeri」管理人)

<ゲスト>

ヨッピー(ライター)

DJ急行(司会者、ミュージシャン)

仙頭正教(裏モノJAPAN)

マミヤ狂四郎/GO羽鳥(ライター、イラストレーター)

ゴトウさん(「一流ホームページ」管理人)
特別ゲスト

どの“おっさん”もインターネットを騒がすほどクセが強く、面白い“おっさん”ばかりです。

そして「特別ゲスト」として登場したのは、“ここみん”ことセクシー女優の成瀬心美さん。

Patoさんのファンであれば周知の事実らしいのですが、ここみんは彼の超お気に入りの女優さんです。

特別ゲストの成瀬さんが登場したことで壇上のコントラストは「ただただ光り輝く1点の華々しさ」と「漆黒の闇のような6人のおっさんたち」により、異常な状態におちいりました。

1 2次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき