ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

公式も「即死」!? 整理収納術本『死んでも床にモノを置かない。』の反応が阿鼻叫喚

整理収納アドバイザー1級の資格をもち、Amebaブログ『ROOM-COZY 心地よい生活の始め方』で収納術・片づけの考え方を発表して人気を集めている須藤昌子さんの著書『死んでも床にモノを置かない。』(すばる舎)。「24時間以上モノを放置しない」「片づけるための収納用品は買わない」「考える家事は、やらない」など、かなり実践的な内容ですが、タイトルが強烈すぎて自分は「即死」という人の反応が多く集まっています。

「グサリ」「はい死んだ」「私何万回死ねばええんや」といった声が多数上がっていたほか、「ウチは死後の世界だったのか……」と絶望(?)するツイートまで……。中には「床に置かないならテーブルの上が散らかるだけ」という意見もありましたが、「机、棚の上にはなんでもかんでもモノを置かない」とも書かれていたりします。

『Twitter』での反応を受けて、すばる舎公式アカウント(@subarusya)も反応。

『死んでも床にモノを置かない』バズってますね・・・!!
嬉しい。私も即死ですけど。。

ルンバに代表されるようなロボット掃除機を導入するならば、床の障害物を減らすようになるため、時代に即した整理収納術といえそう。ついついモノを買って増やしてしまうという人にとっては一読に値するのではないでしょうか。

『死んでも床にモノを置かない。』 (すばる舎)
http://www.subarusya.jp/book/b432095.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき